ページの先頭です

これだけは知っておきたい!

管理者のための労働法=10の要点

現場で頻発するトラブル事例に対応するための法律知識と実務ポイントを、働き方改革の動向を織り込みつつ

セミナーNo.29-2085

No.B-9

様々な労働紛争が多発する今、部下管理を行ううえで労働法の知識は欠かせません。正しい知識に裏打ちされた的確な初期対応を現場で行えるか否かで、その後の展開が大きく左右されます。本セミナーでは、管理者や現場の監督者が日常の職場管理で心得ておくべき労働法の実務ポイントを、法改正や最近の判例、働き方改革の動向などをふまえ、身近な事例をもとに具体的に解説します。

対象 経営幹部、管理・監督者
開催日時 2017年12月7日(木) 10:00~17:00
会場 北浜フォーラム
大阪市中央区北浜1-8-16 (大阪証券取引所ビル3F)
参加費
特別会員 普通会員 非会員
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円
1社2~4名ご参加の場合は1名につき2,160円、5名以上ご参加の場合は1名につき4,320円の割引をいたします。
(昼食代、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

渡邊 徹氏

弁護士法人 淀屋橋・山上合同 パートナー
弁護士
渡邊 徹 氏

略歴
京都大学法学部卒業。99年弁護士登録、弁護士法人淀屋橋・山上合同大阪事務所入所後、2003年同事務所パートナー就任。現在は、800を超える顧問会社・団体が抱える人事問題や各種労働紛争など労働法関係を専門に担当。日本労働法学会、経営法曹会議、日本弁護士連合会労働法制委員会、大阪弁護士会労働問題特別委員会、同会子どもの権利委員会所属。

主著
「企業のための労働契約の法律相談」(青林書院)「労働審判=紛争類型モデル」(大阪弁護士協同組合)「Q&A会社のトラブル解決の手引き」(新日本法規)ほか多数。

講義内容

はじめに ~労働法の基本的考え方と今日の潮流 ― 「働き方改革」のこれまでと今後~

要点1 労働条件・就業規則管理(ルール周知)
~労働条件の明示/就業規則の役割・効力

要点2 サービス残業対応
~労働時間とは何か/どうやって労働時間管理するのか(労働時間ガイドラインとは)

要点3 長時間労働抑止
~長時間労働の何が問題なのか/「時間外労働の上限規制」とは

要点4 非正規雇用管理
~契約社員に関する一般的注意点/同一労働同一賃金の原則とは

要点5 高年齢者処遇
~定年後再雇用者の適切な処遇とは

要点6 育児・介護休業関連
~法律上の仕組み/マタハラ(不利益取り扱い)とは

要点7 ハラスメント対策
~セクハラ/パワハラの概念整理と対応策

要点8 メンタル社員対応
~労災申請の急増と対応策/休職の活用

要点9 懲戒処分
~考え方と注意しておくべき点

要点10 退職・解雇
~退職届の意味/解雇を巡る問題/適切な退職勧奨とは

最後に ~紛争になったとき~

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20171207

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナーのご案内
海外子会社管理セミナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ