ページの先頭です

コストダウンに必須の知識

原価のしくみと活用法

利益と原価のつながり、原価計算の種類と方法から、経営への活かし方までを実践解説

セミナーNo.29-1264

No.L-41

「原価」は会社の利益と密接につながり、社内各部のあらゆる場面での意思決定に様々な形で影響を与えます。各部門の目的や役割にあわせて使い分け、正しい意思決定と徹底した原価管理を行うことで、会社の利益に大きく貢献することができるのです。本セミナーでは、基本的な原価の考え方にはじまり、部門別や製品別、事前と事後など、それぞれの原価計算の意味・役割、そして経営への活かし方まで、演習を交え実践的に解説します。

対象 原価企画・経営企画、生産・購買・経理部門 担当者
開催日時 2017年10月16日(月) 10:00~17:00
※大阪では10月17日(火)に同内容セミナーを開催します。お申し込みはこちら
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
特別会員 普通会員 非会員
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(昼食代、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

橋本 賢一氏

(株)MEマネジメントサービス
マネジメントコンサルタント・公認会計士
橋本 賢一 氏

略歴
1969年中央大学商学部卒。日本能率協会チーフコンサルタント等を経て85年(株)MEマネジメントサービス設立。中堅から大手まで、国内外の多くの企業の原価企画、コスト管理、生産性向上等のコンサルティングや支援ソフトの開発をはじめ、執筆、講演等に活躍中。豊富な事例をまじえた実践的で明快な指導には定評がある。
(URL http://www.mejapan.com)

主著
「見える化でわかる限界利益と付加価値」「経済性工学がわかる本」「見える化でわかる間接サービス部門の原価管理」「見える化でわかる売り値と買い値」「社長!経営が見えていますか」「よくわかるムダとりの本」「初乗り610円にダマされるな」「よくわかる原価のしくみ」ほか多数。

講義内容

  • 1.原価のしくみ・基本的な考え方を理解しよう~原価の基礎的な用語に慣れる~
    • (1)会社の利益はどのように計算されるのか
      • ①経営の3つの機能と利益~利益は3段階で計算される~
      • ②費用・原価・売上・利益の関係
      • ③それぞれの原価(製造原価・売上原価・総原価)はどのように計算されるのか
      • ④【演習】製造原価報告書の作成
    • (2)費用・原価とは何か~原価の本質は最適資源配分~
      • ①原価と費用はどう違うのか
      • ②決算書に原価はどのように出ているのか
      • ③原価には財務会計上の分類と管理会計上の分類がある
    • (3)管理をするための原価はどう分けるのか~管理をするための原価~
      • ①直接費・間接費と材料費、加工費とのつながり
      • ②変動費・固定費・準変動費・準固定費とは
      • ③直接労務費を変動費にするにはどうすればよいか
  • 2.実際原価と見積原価計算の進め方~製品別の原価を算定してみる~
    • (1)原価計算の種類~製品個々の実際原価は計算できない~
      • ①事前と事後に見る原価~製品個々の実際原価は計算できない~
      • ②【演習】犬小屋の原価計算
    • (2)材料費の見積~材料費は歩留が大事~
      • ・カレーライス一杯いくらでできるか
    • (3)加工単価(加工費レート)の見積~変動費と固定費を分ける~
    • (4)加工時間の見積~工程・作業を設計する~
      • ①【演習】各種の加工時間を見積もってみる
      • ②【演習】見積原価計算問題・売価決定問題
  • 3.原価計算から原価管理へ~原価計算結果を原価管理に活用し、コストダウンの成果につなげるには~
    • (1)原価計算から原価管理へ~原価計算をコストダウンに活かす~
    • (2)2つのコストダウンのやり方~2つのあるべき原価を見つける~
    • (3)コストダウンすべき製品・工程を選ぶ~コストダウン効果の大きい対象がわかる~
    • (4)あるべき原価を追求する~コストダウン効果の大きい対象がわかる~
      • ①【演習】売上高のABC分析と付加価値・限界利益の計算
      • ②【演習】ポートフォリオ分析により、製品のタイプ別分類をする
  • 4.原価計算結果を経営に役立てるには~製品別損益分岐点と限界利益を使って利益増大を狙う~
    • (1)損益分岐点・限界利益の考え方・活かし方~限界利益とは何か~
      • 【演習】損益分岐点を計算する
    • (2)どうすれば最も利益が増えるのか~正しい意思決定で黒字に~
    • (3)儲かる製品と赤字になる製品の見分け方~赤字受注をしてよいときがある~
      • 【演習】限界利益を使って意思決定してみる
  • ※レジュメとしてお配りする動画パワーポイント(100画面)をCD-ROMでご希望の方は、参加代金の3,240円増にてご提供します。ご希望の方は、お申込書の連絡事項欄に「CD-ROM希望」とご記入下さい。
  • 【受講者の声】
    • ・身近な例題が多く、大変参考になりました。
    • ・非常に実践的でわかりやすい研修でした。
    • ・大変役に立つセミナーでした。会社に戻って実際に活用していきたいと思います。
    • ・理解しやすい内容でした。原価計算を意思決定に活用する部分は特に役に立ちそうです。
    • ・新たな視点から原価を見ることが出来そうです。
    • ・講師の先生が明るい方なのでとても楽しく学べました。
    • ・わかりやすく、日常の事案に照らして説明して下さったので、とてもわかりやすくためになりました。
    • ・テキストにイラストや図が多くてわかりやすかったです。
    • ・手元スイッチで回答をする形式の演習は初めてでしたが、非常に楽しかったです。

演習がありますので、電卓をご持参下さい

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20171016

開催月で探す

キーワードで探す

新任役員必須セミナー はこちら
中期経営計画関連セミナー
新入社員フォローアップセミナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ