ページの先頭です

70事例のうっかりミスを知り、ミスゼロを実現

会社法計算書類作成時のミス事例から学ぶ、
経理の「うっかりミス」の防ぎ方・見つけ方

繰り返し発生するミスをパターンに分類して防止する

セミナーNo.29-1417

“83,338”を“83,388”と間違えて入力したことはありませんか。経理業務、特に計算書類の作成作業では、どこの会社でも同じような「うっかりミス」が繰り返し起きています。そして、その「うっかりミス」が、程度の差こそあれ、作業担当者にとって負担になっています。また、計算書類の「うっかりミス」を学ぶことは、日常の経理業務におけるミス防止にも大いに役に立ちます。本講座では、計算書類作成時に実際に発生した「うっかりミス」の事例を多数紹介し、ミスが起きる箇所やパターンを体得することにより、より正確で効率のよい経理業務を実現することを目指します。「会計ソフトへの入力や計算書類作成のときにやってしまうつまらないミスを防ぎたい」・・・そう思っている方々のご参加をお待ちしています。

対象 計算書類・経理関係書類を実際に作成している経理担当者の方
開催日時 2018年2月8日(木) 13:30~17:00
会場 航空会館 会議室
東京都港区新橋1-18-1
参加費
特別会員 普通会員 非会員
23,760円 25,920円 29,160円
 うち消費税(8%) 1,760円 1,920円 2,160円
★1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

石王丸 周夫氏

石王丸公認会計士事務所 公認会計士
石王丸 周夫 氏

略歴
監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)を経て、石王丸公認会計士事務所開業。現在は、会計監査や内部監査、上場会社向けのディスクロージャー・コンサルティングを中心に活動している。

主著
「パターン別 計算書類作成『うっかりミス』の防ぎ方」(清文社)、『最短で導き出す分配可能額』(清文社)、「会社の姿が浮かびあがるカンタン経営分析 決算書あぶり出し分析法」(清文社)他多数。

講義内容

  • 1.「うっかりミス」の3つのポイント ― 毎回繰り返されるミスから何を学ぶか
    • (1)小さなミスを減らせば、「直す手間」が減る
    • (2)小さなミスを減らせば、「大きなミス」も減る
    • (3)「うっかりミス」にはちゃんと定義がある!
  • 2.計算書類(連結・個別)のうっかりミス「70事例」解説 ― 事例を知れば、ミスは減る
    • (1)前期数値の書き替え忘れ
    • (2)個別B/S純資産の部で多発するこのミス
    • (3)数字の前の△に関するミス
    • (4)「赤字⇔黒字」の変わり目で起こるミス
    • (5)決算書の罫線のミス
    • (6)不要な科目の削除に関するミス
    • (7)不要な「行」「列」の削除忘れ
    • (8)3番目の決算書、株主資本等変動計算書で起こるミス
    • (9)連結と個別の「不揃いな表現」
    • (10)ちょっと難しいから間違う、金融商品の時価情報
    • (11)自己株式数の注記で間違うのは必ずココ
    • (12)配当金の注記はこのタイミングで間違う
    • (13)よく見るとおかしい!数字の表示単位ミス
    • (14)ミスの多発地帯、「会計方針の記載」
    • (15)ボリュームのある注記はミスしやすい
  • 3.発生原因別に整理するうっかりミスのパターン ― 傾向を知れば、ミスは減る
    • (1)うっかりミスは全部で6パターン
    • (2)うっかりミスの根本原因は1つ
    • (3)パターン別のミス発生原因
  • 4.うっかりミス防止・発見の「アプローチ」と「具体的方法」
    • (1)「働」という字がヒント、うっかりミス防止のアプローチ
    • (2)クルマの運転で考えるうっかりミス防止法①
    • (3)クルマの運転で考えるうっかりミス防止法②
    • (4)ヒューマン・エラーの解決策は5つある
    • (5)計算書類の自己点検 ― 「良いチェック法」VS「悪いチェック法」
    • (6)時間がなくてもすぐ作れる「うっかりミスのチェックリスト」
  • 【受講者の声】
    • ・計算書類に限らず、業務全般に使える内容だったと思いました。
    • ・ピザの例えやパターン・アプローチがとてもわかりやすかった。書籍で復習することもでき、とても助かります。
    • ・自分のミスの仕方にあてはまるものを発見することができたので、適した対応策を実行してみようと思いました。
    • ・非常に良かったです。実行していきたいと思います。ありがとうございました。
    • ・レジュメの内容を詳しく説明していただけたので、わかりやすかったです。パターン別うっかりミスがとても勉強になりました。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20180208

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナーのご案内
海外子会社管理セミナー
中期経営計画関連セミナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ