ページの先頭です

具体的事例に学ぶ

テレワーク導入のすすめ方と留意点

必要なルールと規定・環境整備、先進企業の成功要因・失敗要因

セミナーNo.29-1374

政府の「働き方改革」ではテレワークの普及促進が掲げられており、生産性向上や多様な働き方の実現策としてテレワーク導入を検討する企業が増えています。一方、先行企業の中には取りやめるところも出てきており、導入の際には、メリット・デメリット、業務の向き不向きなどをよく見極め、自社に合う形を探る必要があります。本セミナーでは準備・プロセス・運用上の留意点について、様々な成功・失敗事例をふまえながらわかり易く解説します。

対象 経営幹部、人事部門ご担当者、自社の働き方改革に携わる方々
開催日時 2018年1月11日(木) 13:30~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
特別会員 普通会員 非会員
23,760円 25,920円 29,160円
 うち消費税(8%) 1,760円 1,920円 2,160円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

松下 直子氏

㈱オフィスあん 代表取締役
社会保険労務士
人事コンサルタント
松下 直子 氏

略歴
神戸大学卒業後、江崎グリコ(株)に入社。新規開拓の営業職、報道担当の広報職、人事労務職を歴任。人事部門では、採用、人材育成、人事制度設計、労務管理と幅広く人事業務に携わる。現在は、社会保険労務士、人事コンサルタントとして顧問先の指導にあたる一方、民間企業や自治体からの研修依頼に応え全国を飛び回る。「人事屋」であることを生涯のライフワークと決意、人事部門の交流の場「庵(いおり)」の定期開催や新人社労士の独立支援活動など、幅広く人材育成に携わっている。

主著
「部下育成にもっと自信がつく本」「採用面接で「採ってはいけない人」の見きわめ方」(以上同文館出版)「超解OJTで面白いほど自分で考えて動く部下が育つ本」(あさ出版)「部下の実力を高める実践OJT」(DVD/PHP研究所)ほか

講義内容

  • 1.「働き方改革」の選択肢としてのテレワーク(在宅勤務型、サテライト型)とは
    • (1)政府の推し進める背景と方向性
    • (2)世間動向と、テレワークのメリット&デメリット
    • (3)テレワークを導入しない企業の理由
  • 2.テレワーク導入のステップ
    • (1)必要なルール・規定と環境整備
    • (2)目的と成果を明らかにする
    • (3)アクションチェンジか、マインドセットか
    • (4)各社が実施した理由と想定外の効果とは
    • (5)導入の成功要因と導入のプロセス
  • 3.テレワークの一類型としての在宅勤務とは
    • (1)育児や介護、病気を抱える社員が望む支援は何か
    • (2)在宅勤務規定や環境整備で必要な観点
    • (3)在宅勤務時の労働時間管理と効率アップの工夫例
    • (4)在宅勤務者とのコミュニケーションの取り方
    • (5)非在宅社員=出勤社員への報い方
  • 4.テレワークを成果に繋げるために
    • (1)ますます重要になる「評価&目標管理」の仕組み
    • (2)各社の成功事例&失敗事例から学ぼう
    • (3)働き方改革に不可欠な、人間関係の改革
    • (4)多様化が問われる時代の真の「ワークライフバランス」とは
    • (5)今問われる、「三方よし」の経営に向けて

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20180111

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナーのご案内
海外子会社管理セミナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ