ページの先頭です

監査人の視点や手法を知り、円滑な監査対応を実現

監査手続の基本と監査の上手な進め方

監査手続の基本から、監査の切り口の工夫、上手なヒアリングまで、ケーススタディを交え実践解説!

セミナーNo.29-1479

No.J-23

内部監査の現場では、「はじめからこの資料を出していてくれていれば・・・」という監査人に対して、「的確に説明してくれていれば出したのに。」という反論が聞こえてきそうな場面によく遭遇します。「監査」に対する責任と負担が増える一方の昨今では、このような行き違いによる無駄な時間と労力を少しでもなくすために、監査をする側、受ける側ともに上手な対応が強く求められています。本講座では、監査がどのような視点で行われるべきなのかを学ぶとともに、円滑に監査を行うための上手なヒアリングのしかたといった監査現場で必要とされるテクニックについても、成功事例や失敗事例を交え、実践的に解説いたします。

対象 内部監査部門幹部・担当者
開催日時 2018年3月27日(火)~2018年3月28日(水) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
特別会員 普通会員 非会員
44,280円 48,600円 55,080円
 うち消費税(8%) 3,280円 3,600円 4,080円
★1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(2日分の昼食代(2,000円)、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

吉成 英紀氏

吉成コンサルティング 代表取締役
コンサルタント
吉成 英紀 氏

略歴
慶応義塾大学商学部卒業。1987年に英和監査法人(後のあずさ監査法人)に入所し、監査業務の他、外資系金融機関向けコンサルティング業務等に従事。1994年にあずさ監査法人を退職し、現在は、吉成コンサルティング代表取締役として、国内大手企業、外資系金融機関向けコンサルティング、M&A案件支援業務、不良債権査定業務、内部監査業務、会計アドバイザリー業務等だけでなく、企業分析、新会計基準を始めとするセミナー講師も多く務めている。

主著
「本当のリスク管理をするための本」「世界のエリートがやっている 会計の新しい教科書」(日本経済新聞出版社)、「経理実務」「数字の読み方」(大栄出版・共著)ほか多数。

講義内容

  • 1.監査の基本を理解しよう
    • (1)監査の種類
    • (2)三様監査
    • (3)監査人の独立性
    • (4)監査人の責任と権限
    • (5)監査人の権限 ― 内部監査の場合
    • (6)監査計画
  • 2.監査人は何をどう見るべきなのか
    ― 会計監査から学ぶ監査の視点(リスクの把握・測定・評価)
    • (1)リスクの把握はどのように行われているのか
      • ①チェックリスト法
      • ②フローチャート法
      • ③利害関係者相関図を用いる方法
      • ④財務諸表法
    • (2)リスクの測定はどのように行われているのか
    • (3)リスクの評価と対処方法(コントロール・サイクル)
      • ①方針
      • ②組織
      • ③責任と権限
      • ④手続
      • ⑤管理・指導
      • ⑥評価・報告
    • (4)財務諸表監査では何が監査の要点となるのか
      • ①資産項目
      • ②負債項目
      • ③損益項目
      • ④表示
    • (5)業務監査では何が監査の要点となるのか
      • ①リスク管理体制
      • ②準拠性
      • ③業務能率
      • ④資産保全
  • 3.監査手続はどのように行われるのか ― 質問・実査・立会から検算・分析まで
    • (1)決算書関連
    • (2)業務関連
    • (3)応用編
  • 4.監査の切り口と、事前準備のコツを掴む
    • (1)現金預金の監査
    • (2)手形債権の監査
    • (3)売掛金の監査
    • (4)貸付金の監査
    • (5)有価証券の監査
    • (6)たな卸資産と売上原価の監査
    • (7)有形固定資産と減価償却費の監査
    • (8)繰延資産の監査
    • (9)手形債務の監査
    • (10)買掛金の監査
    • (11)借入金の監査
    • (12)経過項目の監査
    • (13)引当金の監査
    • (14)資本の監査
    • (15)売上高の監査
    • (16)販売費及び一般管理費の監査
    • (17)仮勘定の監査
    • (18)偶発債務の監査
    • (19)後発事象の監査
    • (20)親子会社の監査
    • (21)財務諸表の表示における監査
    • (22)販売プロセスの監査
    • (23)購買プロセスの監査
    • (24)在庫管理プロセスの監査
    • (25)生産プロセスの監査
  • 5.監査で犯しやすい過ち ― 失敗事例から、監査の理解を深める
    • (1)物事の一面しか見ていないことによる過ち
      • ①事故報告手続の監査
      • ②不動産取引の監査
      • ③経費予算管理の監査
    • (2)決算書しか見ていない監査人が起こす過ち
      • ①収益性の高い子会社の監査
      • ②業績不振に関する監査
      • ③経営改善計画に関する監査
    • (3)想像力の欠如が引き起こす過ち
      • ①事業計画に関する監査
      • ②経費削減計画に関する監査
      • ③設備投資計画に関する監査
    • (4)あるべき監査となるために、監査人・被監査人はどうすればよいか
    • (5)監査報告書を作成するにあたって注意すべきこととは
  • 6.上手なヒアリングのしかた
    • (1)事前準備段階でのポイント
      • ①事前資料の入手および準備のしかた
      • ②セッティング ― 対象者の選定と質問場所
      • ③ヒアリング事項の事前送付
    • (2)上手な聞き方のポイント
      • ①印象の良いヒアリングのために
      • ②上手な聞き出し方(オープン型・クローズド型の質問方法とは)
      • ③誤解が生まれないためのポイント
      • ④ヒアリングの節目のつなぎ方
      • ⑤5W1Hで十分か ― その他の重要なポイント
    • (3)相手と状況に合わせた上手な対応をするためのポイント
      • ①省略語が多い場合
      • ②要領を得ない、論理的でない場合
      • ③抽象的な話が多い場合
    • (4)不正にかかるヒアリングの留意点
    • (5)ヒアリング後の留意点

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20180327

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナーのご案内
海外子会社管理セミナー
中期経営計画関連セミナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ