ページの先頭です

多くのプロジェクトを成功に導いた実力派講師が実践指導!

6時間で身につく『プロジェクトマネジメント』
立ち上げから計画策定手順、実行と評価まで

立ち上げ時の留意点から計画書の具体的な作り方、スムーズな実行とコントロール、意外と難しい終結の手順まで

セミナーNo.29-1189

No.E-15

「思うように進まず空中分解しそう」「担当者になったが何から始めればよいか」「失敗のレッテルを貼られそうで不安」…経営環境が大きく変化する中、プロジェクトへの取り組みが増えています。しかし問題を抱え頓挫してしまうケースも少なくないようです。失敗の大きな原因は、プロジェクトなのに「組織マネジメント」を適用しているから。プロジェクトを効率良く進め、成功に導くには、「プロジェクトマネジメント」の活用が何より重要です。プロジェクトマネジメントとは米国発祥のプロセス管理手法で、臨時組織に適用できる汎用スキルとして広く利用されています。本講座では、プロジェクトマネジメントの手法とそのポイントについて、立ち上げ→計画→実行→コントロール→終結の流れに沿って整理、演習を交えながら分かりやすく解説します。

対象 プロジェクト担当者、部門長、経営幹部、経営企画担当者
開催日時 2017年8月8日(火) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
特別会員 普通会員 非会員
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(昼食代、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

西村 克己氏

株式会社ナレッジクリエイト 代表 (元芝浦工業大学教授)
西村 克己 氏

略歴
1982年東京工業大学経営工学科大学院修士課程修了。富士写真フイルムを経て、90年に大手シンクタンクに移り、主任研究員として民間企業の経営コンサルティング、講演会、社員研修を多数手がける。03年芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科教授、08年より現職。MOT(技術経営)、プロジェクトマネジメント、経営戦略、戦略思考、論理思考、図解思考等を中心に、各社の指導、執筆、講演等に活躍中。豊かな経験に幅広い知見を活かした実践的でわかり易い指導で好評を博している。

主著
「プロジェクトマネジメントのトリセツ」「論理的な考え方が身につく本」「論理的な話し方が身につく本」「論理的な書き方が身につく本」「論理的な仕事のやり方がわかる本」「経営戦略のトリセツ」「戦略思考トレーニング」「1分間ドラッカー」 他多数。

講義内容

  • 1.プロジェクト時代の到来 ― プロジェクトは業務改革の起爆剤
    • (1)プロジェクトとは
    • (2)なぜ今プロジェクトが必要なのか
    • (3)日常業務とプロジェクトとの違い
    • (4)既存組織とプロジェクト方式の違い
    • (5)プロジェクトマネジメント5つの原則
    • (6)プロジェクトのライフサイクル ― 開始から終了まで
    • (7)PMBOK(ピンボック)の体系
  • 2.プロジェクトには成功の法則がある
    • (1)プロジェクトが失敗する原因 ― 失敗パターン別分析
    • (2)コストの大半を決めるのは「計画の良し悪し」
    • (3)5W2Hを明確にせよ
    • (4)プロジェクトの組織方針を明確にせよ ― マトリックス組織で行う際の留意点
    • (5)プロジェクトのテーマ設定と事業計画への取り込み
    • (6)オーナーとステークホルダーの明確化
    • (7)リーダーへの情報統合のしくみ作り ― 運用ルールや情報伝達ルール
    • (8)マイルストーンの設定 ― 中間報告が重要
    • (9)集中討議の活用
    • 【演習】プロジェクトの成功・失敗要因を抽出する
  • 3.中核となる手法 ― 事例・フォーマットで理解する
    • (1)WBS(ワーク・ブレークダウン・ストラクチャー)
    • (2)組織体制図
    • (3)TRM(作業分割構成) ― 工数見積もりにも活用
    • (4)スケジュール手法 ― ガンチャートの使い方
    • (5)リスクマネジメント ― リスクの洗い出し、評価、対策
  • 4.プロジェクト計画の策定手順 ― テーマ設計シートの活用
    • (1)【問題提起】事前調査による問題提起
    • (2)【テーマの設定】背景、目的・目標・対象範囲の明確化
    • (3)【ガイドラインの明確化】前提条件、制約条件の明確化
    • (4)【現状分析】問題の実態を把握する
    • (5)【プロジェクト方針の決定】コンセプト、成果物の明確化
    • (6)【解決策の立案】代替案作成と評価決定プロセス
    • (7)【作業計画】作業計画(WBS)の作成
    • (8)【プロジェクト組織】組織体制図の作成
    • (9)【役割分担】役割分担の明確化
    • (10)【スケジュール化】スケジュールの作成
    • (11)【予算の作成】必要資源の明確化と投資対効果の明確化
    • (12)【リスク分析】リスクマネジメント
  • 5.プロジェクトの実行と評価 ― 最新の問題状況を把握、早期対策を実行する
    • (1)【オーソライズ】トップマネジメントへの報告と決裁
    • (2)【プロジェクトの発足】プロジェクト実行組織の編成と発足
    • (3)【実行と進捗管理】情報伝達と決定事項の伝達
    • (4)【是正措置1】計画差異の把握と是正対策
    • (5)【是正措置2】コンフリクトの最小化
    • (6)【是正措置3】トレードオフの指針の明確化
    • (7)【報告書】構成とA3フォーマットの例
    • (8)【プロジェクトの評価】プロジェクトの評価と今後の課題
  • 6.プロジェクトのフェーズの概念を整理する
    • (1)大規模プロジェクトはフェーズに分割
    • (2)フェーズ1でコストの大半が決定される
    • (3)フェーズ分割のメリット
    • (4)フェーズと人員構成の関係
    • (5)フェーズ分割のポイント(企画 ― 設計 ― 実施)
    • (6)プロジェクトの分割例
    • (7)プロジェクトの解散後の形態
  • 7.総まとめ!推進上の留意点 ― よくある失敗パターンと克服のヒント
    • (1)立ち上げでの留意点
    • (2)計画立案での留意点
    • (3)実行とコントロールでの留意点
    • (4)終結時の留意点
  • 8.演習:作業計画=WBS(ワーク・ブレークダウン・ストラクチャー)の作成(90分)
    • 【例題】コンビニ開業のWBS(作業計画)を作成する

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20170808

開催月で探す

キーワードで探す

中期経営計画関連セミナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ