ページの先頭です

「働き方改革」を推進する

ケースで学ぶ 組織と人を動かすKPIのススメ

~競争力を高める業績評価とガバナンスのあり方~

セミナーNo.29-1457

終身雇用が終わりを告げ、脱時間給制度の検討が進む中、決められた時間の中で成果を残すことが評価される時代になりつつあります。また、少子高齢化によって人手不足がますます深刻化しており、業務の効率化を図り、生産性を高めることがすべての企業の重要な課題になっています。成果主義といった場合、何で成果を測るかが非常に重要です。なぜならば、成果を測る尺度、すなわち採点基準通りに人は行動するからです。いくら「生産性を上げろ」「残業を減らせ」と声高に叫んだところで、採点基準がそれと整合していなければ、人も組織も行動しません。逆に、採点基準=業績評価指標をうまく設定することができれば、人と組織はベクトルを合わせ、あるべき方向に向かって行動します。そして、これからの働き方を考える上では、ガバナンスのあり方も再検討する必要があります。本講座では、管理会計、組織論、動機付け理論等を踏まえながら、多くの演習とケーススタディを交えて、生産性を高めるために必要な業績評価や、現場目線へのブレークダウンの必要性、固定費のコストマネジメント、ガバナンスのあり方等について解説します。それは、今までの常識とはちょっと違う話かもしれません。

対象 経営幹部及び人事、経営企画部門担当者
開催日時 2018年3月9日(金) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
特別会員 普通会員 非会員
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(昼食代、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

金子 智朗氏

ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員
公認会計士 税理士
金子 智朗 氏

略歴
1965年生まれ。東京大学工学部卒業。東京大学大学院修士課程修了。日本航空(株)において情報システムの企画・開発に従事しながら、1996年公認会計士第2次試験に合格。プライスウォーターハウスコンサルタント等を経て独立。現在、ブライトワイズコンサルティング合同会社代表社員。会計とITの専門性を活かしたコンサルティングを中心に、企業研修や各種セミナーの講師も多数行っている。名古屋商科大学大学院教授(2011年度、2013~2016年度同大学ティーチング・アウォード受賞)。明快かつパワフルな講義には定評がある。

主著
『「管理会計の基本」がすべてわかる本』『基本のキホン!管理会計』『経営分析の超入門講座』(すべて秀和システム)、『管理会計がうまくいかない本当の理由 ― 顧客志向で売上を伸ばす新アプローチ』(日本経済新聞出版社)、『合理性を超えた先にイノベーションは生まれる』(クロスメディア・パブリッシング)、『ケースで学ぶ管理会計』(同文舘出版)、『新・会計図解事典』(日経BP社)ほか多数。
【ホームページ】http://www.brightwise.jp

講義内容

  • 1.KPIの重要性、なぜ必要なのか
    • (1)人は採点基準通りに行動する
    • (2)KPI、KGI、OKR ― 区分してもあまり意味はない
  • 2.部門の「業績」を評価するには
    • (1)制約条件当たり限界利益で見る
      【演習】強化する部門はどこか?
    • (2)配賦前の利益で見る
      【演習】撤退すべき部門はどこか
    • (3)管理可能性で分ける
      【演習】人の評価をどうするか?
    • (4)配賦で重要なのは客観性?
    • (5)配賦はHowよりもWhatが重要
    • (6)負担金方式で本社の意識を変える
  • 3.経営課題や組織設計に応じて管理会計を変える
    • (1)長年赤字だった企業が1年で黒字に【ケーススタディ】
    • (2)マトリクス組織で売上拡大【ケーススタディ】
    • (3)総合商社系SIerの失敗~競争型組織と協調型組織【ケーススタディ】
    • (4)管理単位を細分化しないからこその強さ【ケーススタディ】
  • 4.重要性が高まる固定費のマネジメント
    • (1)サウスウェスト航空の強さの秘密【ケーススタディ】
    • (2)時間貸し駐車場の売上増加策【ケーススタディ】
    • (3)「忙しい」が口癖の営業マン【ケーススタディ】
    • (4)残業削減に成功した伊藤忠とSCSK【ケーススタディ】
  • 5.財務的KPIから非財務的KPIへ ― KPIの現場目線へのブレークダウン
    • (1)ケースから学ぶ不正の温床【ケーススタディ】
    • (2)バランスト・スコアカードという考え方
    • (3)財務的成果主義から非財務的成果主義へ
    • (4)前提となる役割定義
    • (5)評価を金銭的報酬にリンクさせるべきか
  • 6.これからの時代に向けたガバナンス
    • (1)東芝の不正は内部統制で防げたか?
    • (2)形式的内部統制の落とし穴
    • (3)他律型コントロールから自律型コントロールへ
    • (4)ガバナンスにおいても重要な意味を持つ管理会計

演習がありますので、電卓をお持ち下さい。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20180309

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナーのご案内
海外子会社管理セミナー
中期経営計画関連セミナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ