ページの先頭です

正しい経営目標設定・アナウンスメントのために

経営企画スタッフに必須の『会計・財務』重要知識

経営的視点での会計・財務の基本と決算書の読み方、キャッシュフローや経営指標の活用法、重要な会計基準にいたるまでを完全理解!

セミナーNo.29-2109

No.F-7

会社のあるべき姿を描き、その確実な実現のための「経営戦略」・「経営計画」を立案・実践するには、会社の経営実態を定量的に正しく把握することが第一歩であり、非常に重要であるといえます。本講座では、自社の舵取りを担う経営企画部門の方を対象に、経営的視点での会計・財務の基本から決算書の読み方、キャッシュフローや経営指標の見方・使い方、時価会計、減損会計、連結会計…のような経営に直結する会計基準の最新動向までを分かり易く解説いたします。経営企画スタッフとして必要な部分をピックアップして重点的に扱いますので、効率的に有用な知識を習得することができます。

対象 経営幹部、経営企画・IR部門・役員室ご担当者
開催日時 2018年3月23日(金) 10:00~17:00
会場 北浜フォーラム
大阪市中央区北浜1-8-16 (大阪証券取引所ビル3F)
参加費
特別会員 普通会員 非会員
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(昼食代、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

和田 正次氏

(株)中央エム・アンド・エーセンター代表取締役
公認会計士・税理士
和田 正次 氏

略歴
早稲田大学商学部卒。大手監査法人、ウィリアム・エム・マーサー(株)(現マーサージャパン)を経て和田公認会計士事務所開設、現在に至る。日本公認会計士協会東京会経営委員会委員長、日本公認会計士協会学術賞審査委員等を歴任。財務戦略、M&A等を中心に数多くの企業の指導、研修等に活躍中。ケーススタディ方式による実践的で明快な指導には定評がある。国際公認投資アナリスト(CIIA)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。

主著
「Q&A会計の基本50」「ニューディールな会計戦略」(共に日本経済新聞出版社)、「月次決算書の見方・説明の仕方」(税務研究会)他多数。

講義内容

1.経営企画が知っておくべき会計・財務の基礎知識
  • (1)経営企画に必須の財務会計と管理会計の基本を理解する
    • →管理会計は望ましい業績(財務会計)を達成するための先導役
  • (2)管理会計の3つの領域と管理手法
    • →財務分析、短期利益計画とキャッシュフロー業績管理、設備投資と最適意思決定

2.手に取るようにわかる決算書の基本と経営実態を読むコツ
  • (1)企業財務を動画で理解する
    • →貸借対照表から財務活動をビジュアルに理解する
  • (2)貸借対照表の仕組みと見るべきポイント
    • →3つのブロックから何がわかるか、どこを注意して見れば良いのか
  • (3)損益計算書の仕組みと見るべきポイント
    • →各種利益から何がわかるか、経営判断にどう利用するか
  • (4)貸借対照表と損益計算書の関係
    • →同時に見ると経営が見えてくる

3.キャッシュフローを知る、使いこなす
  • (1)キャッシュフローを動画で理解する
    • →利益とキャッシュフローの関係をビジュアルに理解する
  • (2)フリーキャッシュフローとは何か、どう算出するか
    • →キャッシュフローとキャッシュフロー成果の違い
  • (3)キャッシュフロー計算書の仕組みと見るべきポイント
    • →倒産会社のキャッシュフロー計算書と財務優等生のキャッシュフロー計算書で学ぶ

4.経営企画とIRに必須の経営指標と活用法
  • (1)【ケーススタディ】効率的に利益が生み出されているか
    • →経営実態を知るのに売上と利益だけではなぜ不十分なのか
  • (2)絶対に外せない必須の経営指標としての資本利益率(ROAとROE)
    • →動画で徹底的に理解する
  • (3)ROEを経営指標に採用することの意味
    • →株主資本コスト(株主が得る収益)を明らかにする
  • (4)資本利益率とともに重要なフリーキャッシュフロー


5.経営企画が最低限知っておくべき会計基準とは
  • (1)証券投資に関する会計(時価会計)
    • →証券投資のリスク・リターンと説明責任
  • (2)設備投資に関する会計(減損会計)
    • →投資の損は繰り越さないこと
  • (3)M&Aに関する会計(連結会計)
    • →未実現利益の除去、のれんの償却の意味
  • (4)従業員の年金・退職金に関する会計(退職給付会計)
    • →持続可能な人事処遇制度なのかどうかを問う
  • (5)キーワードで理解するIFRS(国際会計基準)の本質
    • →原則主義、資産・負債アプローチ、公正価値が意味するところは何か

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20180323

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナーのご案内
海外子会社管理セミナー
中期経営計画関連セミナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ