ページの先頭です

“組織の要となる総務”を支える担当者の役割と実務の全体像がよくわかる

新任総務担当者の基礎実務

担当者に必須の総務マインドの養成から実際の業務のポイントまで、実例をまじえ解説

セミナーNo.30-1036

No.H-1

総務業務は経営の補佐から庶務的業務まで幅広く細かいため、組織運営上欠かせない重要業務が多いにもかかわらず、その重要性を認識することが難しい面があります。しかし、一歩先を見た確かな業務遂行のためには、総務の役割と業務の全体像をしっかり理解し、基本となる実務知識・心構えを身につけることが必須です。本セミナーでは、今日的な視点や事例をQ&Aなどで確認をしながら総務業務の基礎を解説し、実施上の注意点、レベルアップへのヒントをお伝えします。初めて総務部門に配属された方や、配属後まだ日の浅い方のご参加をおすすめいたします。

対象 初めて総務部門に配属された方、日が浅い方
開催日時 2018年4月19日(木) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
特別会員 普通会員 非会員
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円
★1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(昼食代、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

山下 順子氏

社会保険労務士法人兼子・山下経営労務事務所 代表社員 社会保険労務士
山下 順子 氏

略歴
法政大学経済学部卒業。大手生命保険会社勤務を経て、平成10年小嶋経営労務事務所入所。平成19年、社会保険労務士法人兼子・山下経営労務事務所設立。企業の人事・賃金制度の構築や社内規定の策定・整備、労務管理の指導等のほか、各種セミナー講演、執筆活動に活躍中。わかりやすく実務的な指導に定評がある。

主著
『社会保険の手続きをするならこの1冊』(自由国民社)『小さな会社の事務がなんでもできる本』、『社会保険・労働保険実務全書』(日本実業出版社)他多数

講義内容

Ⅰ.総務の機能・位置づけと総務担当者に必須の心構え
  • 1.総務の機能・位置づけと担うべき役割を考察してみる
    • (1)総務のイメージと位置づけ
      • ①総務の仕事に対する受け止められ方
      • ②組織における総務の位置づけ
    • (2)総務は何を期待されているのか
      • ①企業の顔としての総務
      • ②社内のまとめ役としての総務
      • ③社員の心に添った相談窓口としての総務
      • ④よい社風づくりとしての総務
      • ⑤経営補佐としての総務
    • (3)総務は誰のために仕事をしているのか
  • 2.これからの総務担当者に求められる能力とマインドを育てるヒントとは
    • (1)総務担当者に必要とされる条件とは
      • ①サービス精神が旺盛で行動力があること
      • ②機密保持ができる信頼関係が保てること
      • ③情報収集能力が強いこと
      • ④問題の発見・解決能力があること
      • ⑤コミュニケーション能力に優れていること
      • ⑥対人折衝能力が高いこと
    • (2)総務担当者が確かな仕事をするための行動指針
      • ①いつも公の立場で公平に物事を判断しよう
      • ②現場をよく知ろう
      • ③常にプラス思考で積極的に行おう
      • ④日々、計画に基づいて業務を遂行しよう
      • ⑤好奇心を持ち、常に勉強しよう
      • ⑥コストと効率を意識しよう
    • (3)"組織の要としての総務"を支えるために総務担当者がなすべきこと
      • ①企業の方向性を社員全員に周知し、経営センター的役割としての総務をつくる
      • ②先取り情報の発信基地としての総務をつくる
Ⅱ.代表的な総務業務と実務の要点
  • 1.経営活動を補佐する業務
    • (1)経営理念の効果と周知・徹底
    • (2)経営計画作成のサポートとチェック
  • 2.受付・渉外の業務
    • (1)総務が行う受付の実務とは
    • (2)渉外の心構えと留意点
    • (3)広報の心構えと留意点
  • 3.管理に関する業務
    • (1)文書管理
    • (2)社内規定の作成と管理
    • (3)会議の管理
  • 4.資産に関する業務
    • (1)消耗品・備品の管理
    • (2)パソコン・ソフトウェアの管理
    • (3)不動産の管理とファシリティマネジメント
  • 5.行事に関する業務
    • (1)行事運営の基本
    • (2)年間行事予定表の作成
  • 6.管理部門のスリム化
    • (1)やめる・減らす・変える業務
    • (2)アウトソーシングの検討ポイント
  • 7.危機管理・リスクマネジメントに関する業務
    • (1)リスクマネジメントとは
    • (2)平時から組織・訓練しておくべき緊急事態対策本部と対策マニュアルの定期点検
  • 8.コンプライアンス経営に関する業務
    • (1)コンプライアンス経営とは
    • (2)マイナンバー・個人情報の安全管理措置
    • (3)マタニティハラスメントの理解と対応
    • (4)各種ハラスメントの相談窓口、不正等の内部通報窓口
    • (5)企業と社員の健康
    • (6)総務担当者が押さえておきたい法律分野とは

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20180419

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナーのご案内
海外子会社管理セミナー
2018年度版みずほセミナー年間ガイドはこちら
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ