ページの先頭です

総務・人事部門が必ずおさえておきたい

1日でわかる『社会保険』のしくみと給付

4つの制度の概要・枠組みと給付の要点を、トラブル回避のポイントや関連法令をまじえてわかりやすく解説

セミナーNo.29-2048

No.H-4

社会保険制度は複雑でわかりにくいというイメージがありますが、その適用要件や給付内容等の理解が十分でないと、思わぬトラブルに発展してしまうことも少なくありません。そのため、総務・人事部門の方にとって、社会保険制度の要点を正しく理解しポイントをおさえておくことは欠かせない必須事項です。本セミナーでは、各保険のしくみや主な給付の要点と、総務・人事部門の方が知っておくべき勘所を、判断に迷ったり誤ったりすることの多い点に触れながら、関連法令や法改正情報をまじえてわかりやすく解説します。

対象 総務・人事部門の責任者~担当者
開催日時 2017年8月29日(火) 10:00~17:00
会場 北浜フォーラム
大阪市中央区北浜1-8-16 (大阪証券取引所ビル3F)
参加費
特別会員 普通会員 非会員
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(テキスト代・昼食代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

小浜 ますみ氏

横山社会保険労務士事務所 副所長
特定社会保険労務士
小浜 ますみ 氏

略歴
常磐大学人間科学部卒業。百貨店勤務ののち、舟木経営労務事務所、社会保険労務士法人デライトコンサルティング勤務を経て現職。資格取得専門学校の社会保険労務士講座講師の経験もある。社会保険・年金手続、就業規則等諸規程の作成など顧問先の人事・労務全般の指導や、各自治体・商工会議所等での年金・パート活用・助成金・労働関係法改正のセミナー講師として活躍中。わかりやすい講義に定評がある。

主著
「年金制度改正のポイント」「出向・転籍・労働承継の実務」(以上 新日本法規出版 共著)ほか

講義内容

  • 1 公的保険のあらまし
    • (1)労働者災害補償保険制度の意義
    • (2)雇用保険制度の意義
    • (3)健康保険・厚生年金保険制度の意義
  • 2 労働者災害補償保険のしくみ
    • (1)被保険者となる範囲とは
      • ①パート、アルバイトも被保険者となるのか?
      • ②海外赴任者も労災保険が適用される特別加入制度とは
    • (2)業務上の範囲、通勤の範囲とは
    • (3)給付の種類と内容
      • ①業務上のケガ、病気で治療を受けるとき
      • ②休業をするとき
      • ③ケガ、病気が治ゆしない場合
      • ④障害が残った場合
      • ⑤介護が必要な場合
      • ⑥死亡した場合
    • (4)労災保険手続きのポイント、注意点
      • ①労災指定病院とそうでない病院とは書類が異なる
      • ②休業補償と年次有給休暇との調整とは
      • ③自動車事故の場合の給付のポイント
  • 3 雇用保険のしくみ
    • (1)被保険者となる者、ならない者の範囲とは
      • ①被保険者となる基準
      • ②【法改正情報】65歳以上の被保険者の取扱いが変わった
      • ③兼務役員の被保険者資格要件とは
    • (2)給付の種類と内容
      • ①社員が退職し求職活動する際の給付
      • ②社員が育児休業を取得する際の給付
      • ③60歳~65歳になるまでの給付
      • ④社員が介護休業を取得する際の給付
    • (3)雇用保険手続きのポイント、注意点
      • ①失業給付を受給できる要件とは
      • ②雇用契約期間満了時の退職は要注意!特定受給資格者、特定理由離職者となる違いは?
      • ③もめがちな雇用契約期間満了時の離職理由について
      • ④離職票作成のポイント、退職者へのアドバイスとは
  • 4 健康保険・厚生年金保険のしくみ
    • (1)被保険者となる者、ならない者の範囲とは
      • ①パート、アルバイトの適用、法改正の内容
      • ②健康保険の被保険者、厚生年金保険の被保険者は範囲が異なる
      • ③任意継続被保険者とは
      • ④健康保険の被扶養者と第3号被保険者の取扱い
    • (2)健康保険の給付の種類と内容
      • ①業務外のケガ、病気で治療を受けるとき
      • ②休業をするとき
      • ③ケガ、病気が治ゆしない場合
      • ④出産をする場合
      • ⑤社会保険料の免除制度、産前産後休業も対象に
      • ⑥育児休業等終了時の月額変更届とは
    • (3)健康保険手続きのポイント、注意点
      • ①傷病手当金、出産手当金は歴日数で保障される。休日との関係は?
      • ②治療費が高額になる場合は限度額適用認定証を利用する
  • 5 労働保険料(労災保険・雇用保険)のしくみ
    • (1)【法改正情報】65歳以上の雇用保険被保険者の保険料の取扱い
    • (2)労働保険料は年に一度精算し、3期に分けて納付する
    • (3)労働保険の賃金総額、保険料の算出方法
  • 6 健康保険料、厚生年金保険料のしくみ
    • (1)保険料を改定(算定基礎届、月額変更届、育児休業等改定)するときとは
    • (2)賞与にかかる保険料、累計標準賞与額の上限変更とは
    • (3)健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料の天引きタイミング
    • (4)健康保険料、厚生年金保険料が免除されるときとは
    • (5)保険料について誤りがちな例
  • 7 おわりに
    • (1)総務・人事担当者に求められる姿勢と心構え
    • (2)社会保険制度の今後の展望

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20170829

開催月で探す

キーワードで探す

  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ