ページの先頭です

最も重要な「不正リスク」への対応を中心に

海外子会社における内部監査のすすめ方

不正の事例紹介から不正検出の方法、内部統制の評価、海外子会社往査の手順にいたるまで

セミナーNo.29-1195

No.Q-13

管理の目が行き届きにくい海外子会社には、多くの不正リスク要因が存在します。しかし言語の問題のほか、現地の慣習が日本と大きく異なるため、また頻度や日数に制約があるために、有効な内部監査を実施できていない企業も多いようです。本講座では、実際の不正事例をもとに、まず不正のパターンを類型化し、特に海外子会社で起こりやすい不正のパターンを特定します。そのうえで、内部監査により不正を検出するための体系的なアプローチを検討し、海外子会社往査の準備段階から往査後のフォローアップに至るまで、実務上の留意事項を解説いたします。

対象 内部監査、内部統制、海外子会社管理ご担当者
開催日時 2017年8月22日(火) 13:00~17:00
会場 航空会館 会議室
東京都港区新橋1-18-1
参加費
特別会員 普通会員 非会員
25,920円 28,080円 31,320円
 うち消費税(8%) 1,920円 2,080円 2,320円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

佐和 周氏

佐和公認会計士事務所 代表
ASA IFRSサービス株式会社 顧問
公認会計士 税理士
佐和 周 氏

略歴
東京大学経済学部卒業後、朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入所。2008年英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。その後KPMG税理士法人に転籍し、日系グローバル企業や外資系企業の税務申告、国内・海外税務デュー・デリジェンス業務や国際税務に係るアドバイザリー業務等に従事。2011年に独立し現在に至る。複雑な内容を分かりやすく解きほぐす講義には定評がある。

主著
『これだけは押さえておこう海外取引の経理実務ケース50』、『これだけは押さえておこう国際税務のよくあるケース50』、『海外進出・展開・撤退の会計・税務Q&A』、『海外進出企業の税務調査対策チェックリスト』、『英和・和英 海外進出の会計・税務用語辞典』『M&Aにおける財務・税務デュー・デリジェンスのチェックリスト』(中央経済社)他多数。

講義内容

1.海外子会社の実情を知る~どのような不正事例が生じているか~
  • (1)海外子会社で多い不正とは
  • (2)海外子会社で不正が発生しやすい要因とは
  • (3)『不正のトライアングル』で見ると ― ありがちな不正の動機とは
  • (4)こういう海外子会社は不正リスクが高い
  • (5)不正防止のための取組み(内部統制)の評価

2.海外子会社の数字の成り立ちを押さえる
  • (1)海外子会社の主な業務プロセスの概要とチェックポイント ― 販売プロセス、購買(経費支払)プロセス、在庫管理プロセスなど
  • (2)海外子会社の2種類の財務諸表

3.不正のパターンを体系的に理解する
  • (1)不正な財務報告と資産の流用 ― 金額的なインパクトと発生頻度
  • (2)不正な財務報告の類型と会計帳簿への表れ方 ― ないはずのものがある(架空計上)、あるべきものがない(隠蔽)など
  • (3)資産の流用の類型と会計帳簿への表れ方 ― 損益計算書への影響がある場合とない場合
  • (4)特に発見しづらい不正 ― 簿外で完結する不正、内部統制が無効化される場合など
  • (5)規模にかかわらずチェックが必要な不正 ― 贈賄リスク

4.体系的な不正の検出方法を考える
  • (1)大きく見る方法 ― 期間比較と財務分析
  • (2)詳細にチェックする方法 ― 特に注意すべき勘定科目
  • (3)意外に使える資料 ― 予算管理資料や税務当局からのレター、DDレポートなど
  • (4)すぐに使える勘定科目ごとのチェックポイント ― 現金及び預金、売上・売掛金、仕入・買掛金、棚卸資産、固定資産、税金など

5.実効性のある海外子会社往査を実現する
  • (1)往査対象の選定 ― ローテーションの間隔、間接保有の場合
  • (2)海外子会社往査の準備 ― これだけは事前にやっておくべき、往査スケジュールは?
  • (3)往査にあたってのポイント ― 「やるべきこと」と「やってはいけないこと」
  • (4)海外子会社の外部監査人との意見交換のコツ ― 何を聞けばよいか、マネジメント・レターの使い方は?
  • (5)監査結果の報告とフォローアップの重要性


※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20170822

開催月で探す

キーワードで探す

  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ