ページの先頭です

部下の心を動かす上司の話し方・伝え方

組織づくり・部下育成の基礎となる考え方、行動の仕方をワークと講義を通じて身につけます

セミナーNo.30-1318

多様な世代、雇用形態、価値観を持つ部下を束ねる現場上司の負担は高まるばかり。 部下がやる気になる組織を創りあげるためには、絶えず変化する社会の状況と部下の仕事意識を読み解き、新しい視点で部下を活かす「上司力」が求められています。
※「部下育成のための上司力フォローアップ講座」として、第1講「部下の強みを引き出す傾聴と面談力」、第2講「部下の心を動かす上司の話し方・伝え方」と連続でご受講いただくとより効果的です。

対象 部下を持つ管理職の方
開催日時 2018年11月8日(木) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円
★1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(昼食代、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません)
第1講、第2講の両方にご参加の場合には、1講につき2,160円の割引をいたします。

講師

前川 孝雄氏

株式会社FeelWorks 代表取締役
青山学院大学兼任講師
前川 孝雄 氏

略歴
大阪府立大学、早稲田大学ビジネススクール卒。リクルートで「リクナビ」「就職ジャーナル」「ケイコとマナブ」などの編集長を歴任後、2008年に人材育成の専門家集団(株)FeelWorks創業。延べ300社以上で導入される「上司力研修」を手掛け、長期伴走型で徹底した人が育つ現場創りを支援。書籍・コラム執筆・TVコメンテーターなど活動は多岐にわたり、TV『ワールドビジネスサテライト』『サキどり↑』などに出演。2011年度から青山学院大学で「キャリアデザイン特別講座」も開講中。その親しみやすさにファンも多く、現場視点のダイバーシティ・マネジメント推進、リーダーシップ開発などに定評がある。

主著
「女性の部下の活かし方」 「30代はアニキ力」 「上司の9割は部下の成長に無関心」 「『働きがいあふれる』チームのつくり方」「一生モノの学ぶ技術・働く技術」など多数。

講義内容

グループワーク形式で悩みや課題を解決し、明日から現場で実践できるアクションプランを練り上げます。

ねらい
・部下に本当に伝わる話し方ができているかを確認し、課題を見つけます
・部下個人を動かし、組織を動かすことができる話し方・伝え方を身につけます
・職場を活性化させる上司の行動・取り組むことを整理します

  • 1.なぜ自分の話(スピーチ)で部下が動かないか?
    • (1)伝える=伝わるではない
    • (2)自分事として捉えているか?
  • 2.現状の自身の話(スピーチ)の課題を共有してみましょう
    • (1)上司として話す場はあるか?どんな場面で話しているか?
  • 3.現場のやる気を高めるスピーチをしてみましょう
    • (1)スピーチ作成シートの使い方
    • (2)やる気を高めるスピーチのポイント
  • 4.1対多のコミュニケーションにおける6ステップとは
    • (1)1対多のコミュニケーションの重要性
    • (2)事例紹介
  • 5.1対多のコミュニケーションの基本ステップを学ぶ
    • (1)目的を明確化する
    • (2)相互理解を学ぶ
    • (3)目的・ゴールの共有と理解、全体の流れを共有する
    • (4)発散することを学ぶ
    • (5)集約すること、まとめること(意思決定)を学ぶ
  • 6.職場を活性化させる上司の取組みを整理する

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20181108

開催月で探す

キーワードで探す

部下育成のための上司力フォローアップ講座
秘書・アシスタントのためのキャリアアッププログラム
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 2018年度版みずほセミナー年間ガイドはこちら
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ