ページの先頭です

新任役員必須セミナー 選択講座 F:法務分野
~新任役員の皆様をはじめ、下記対象の方にもおすすめの講座です~

F 近時の企業不祥事から学ぶ
『経営戦略に活かすリスクマネジメントの知識』
(10/1~11/4配信)

不祥事の本質と予防策、平時から理解すべきリスク、有事における対応、制度やガバナンスの効果的な活用

セミナーNo.21-11001

webセミナー ウェブセミナー オンライン

様々な脅威やリスクが企業に降りかかる中、企業が持続的な発展を進めるために、危機対策への重要性がますます高まっています。なかでも不正リスクの管理については、役員の法的責任だけでなく、会社自身の信用毀損にもつながる重大リスクといえます。さらには、現在の社会では、リスクマネジメントに真摯に取組み、配慮を考える戦略を取ることが、企業価値向上と企業の継続的な成長につながるといえます。本講座では、不祥事の予防から早期発見、平時からの取組み、リスク対応の実践や管理体制の確立等、形式的ではないリスクマネジメントに必要な視点と対策を、有事における役員・経営層の役割を含め、企業法務分野を専門としたコンプライアンス経営の最前線に立つ講師が、最新の事例を交えながら解説致します。 役員の方々はもちろんのこと、経営層を支える幹部の方々やリスク管理に携わる方々にも是非お聴きいただきたい内容です。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
みずほWebセミナーの視聴環境について
対象 取締役・執行役員など新任役員とその候補者、経営幹部、法務部門・コンプライアンス部門の方々
申込期間

配信期間
<申込期間>2021年5月10日(月)~2021年10月21日(木)
 ※受講料入金期限:2021年10月26日(火)
<配信期間>2021年10月1日(金)~2021年11月4日(木)
 ※視聴可能期間:動画視聴ページログインから1週間 ※視聴時間:約190分
受講料
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
28,600円 30,800円 35,200円
 うち消費税(10%) 2,600円 2,800円 3,200円
★テキスト代を含みます。
★お取消やご参加の流れ等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

山口 利昭氏

山口利昭法律事務所 代表弁護士
山口 利昭 氏

略歴
大阪大学法学部卒業。1990年弁護士登録、竹内・井上法律事務所へ入所後、1995年に山口利昭法律事務所を開設。会社法、金融商品取引法、企業会計法関連など企業法務分野を担当。

不正調査業務・企業価値算定に関わる業務も専門。変化の早い現代の最新動向を研究しながら、スピード経営、リスク管理、透明性ある経営の調和を考え、コンプライアンス経営の実現を目指す指導には定評がある。

2005年から、ブログ「ビジネス法務の部屋」を開設。企業コンプライアンスや内部統制等、「企業価値と法」に関わる最新の話題を扱い、弁護士から法務担当者、経営層など幅広い層の支持を得る。

消費者庁 公益通報者保護制度検討委員会委員、財務省 再生プロジェクト推進会議外部委員、日本内部統制研究学会理事、日本公認不正検査士協会理事、日本コーポレートガバナンス・ネットワーク理事。
大手企業の社外取締役や社外監査役も務める。

主著
「内部通報・内部告発その光と影」(2010年・経済産業調査会)、
「不正リスク管理・有事対応」(2014年・有斐閣)、
「ビジネス法務からみた会社法改正」(2014年・レクシスネクシス)、
「実効的な内部通報制度」(2017年・経済産業調査会)他、共著書、論文等多数

講義内容

  • 1.近年の企業不祥事の本質と予防策
    • (1)いかにして企業不祥事は発生するか、企業不祥事の発生するメカニズムとは
    • (2)一次不祥事の発生要因の究明と二次不祥事発生の回避
  • 2.平時から理解しておくべき不正リスクとは ― 講師の実践経験を踏まえて
    • (1)不祥事の芽が伸びる土壌形成を防ぐために
    • (2)不祥事未然防止対応、早期発見のために
  • 3.リスクに対応する体制、制度の活用と整備
    • (1)不祥事を防ぐ社内体制 ― 経営者に求められる役割とは
    • (2)リスク管理体制の整備と運用、想定外リスクへの対応
    • (3)内部通報制度の活用
    • (4)ガバナンスの効果的な活用の仕方
    • (5)内部統制の整備
    • (6)時代に適合したリスクマネジメントの在り方
    • (7)日本版司法取引、リニエンシー制度と企業の自浄能力
    • (8)ステークホルダーへの対応と経営者の心構え
    • (9)WITHコロナ時代のコンプライアンス問題
  • 4.有事におけるリスク対応
    • (1)経営者の法的責任と有事対応における役割
    • (2)初動調査に踏み切る覚悟
    • (3)いつ、どのような対応方針を決定するか ― 走りながら考えるリスク管理
    • (4)有事のガバナンスを機能させるための実践策とは
  • ※最新の動向により、上記内容等を一部変更させていただく場合がございます。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

みずほWebセミナーの視聴環境について

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20211021

みずほセミナー年間ガイド

2021年度PDF

メルマガ配信を希望する

新型コロナウイルス感染防止策について

Mizuho Membership One(MMOne)

企業内研修

通信教育講座

フッターの先頭です
ページの先頭へ