ページの先頭です

管理会計をはじめて学ぶ方にもわかりやすい

コスト分析の重要論点 『固変分解』『損益分岐点分析』

意思決定の基礎となる、会計思考とコストの捉え方を身につける

セミナーNo.20-11229

「来期の利益はどうなるか」「利益を改善するためには何をすべきか」 ― ビジネスの現場では利益に関する判断が常に求められますが、決算書をどんなに眺めたところでヒントは得られません。正しい意思決定を行うには「管理会計」の知識が不可欠です。言うならば管理会計とは、ビジネスに関わるなら誰もがマスターしておくべき必須のスキルなのです。本講座では、意思決定に必須のツールである「管理会計」の考え方を習得していただいた上で、現場を正しい方向へ導くために知っておきたい「固変分解」と「損益分岐点分析」の考え方・実務への展開を、演習を交えながら解説いたします。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
対象 経営幹部、管理者、経営企画・経理・営業幹部及び担当者
開催日時 2020年12月22日(火) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
27,610円 29,810円 34,210円
 うち消費税(10%) 2,510円 2,710円 3,110円
★テキスト代を含みます。

★お取消等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

金子 智朗氏

ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員
公認会計士 税理士
金子 智朗 氏

略歴
1965年生まれ。東京大学工学部卒業。東京大学大学院修士課程修了。日本航空(株)において情報システムの企画・開発に従事しながら、1996年公認会計士第2次試験に合格。プライスウォーターハウスコンサルタント等を経て独立。現在、ブライトワイズコンサルティング合同会社代表社員。会計とITの専門性を活かしたコンサルティングを中心に、企業研修や各種セミナーの講師も多数行っている。名古屋商科大学大学院教授(2011年度、2013~2017年度同大学ティーチング・アウォード受賞)。明快かつパワフルな講義には定評がある。

主著
『「管理会計の基本」がすべてわかる本』『基本のキホン!管理会計』(すべて秀和システム)、『管理会計がうまくいかない本当の理由 ― 顧客志向で売上を伸ばす新アプローチ』(日本経済新聞出版社)、『合理性を超えた先にイノベーションは生まれる』(クロスメディア・パブリッシング)、『ケースで学ぶ管理会計』(同文舘出版)、『新・会計図解事典』(日経BP社)ほか多数。
【ホームページ】http://www.brightwise.jp

講義内容

1.そもそも管理会計とは何か

  • (1)「会計」にもいろいろある
    • ・財務会計
    • ・管理会計
  • (2)管理会計と財務会計の違いを押さえる
    • ・情報の利用者は誰か
    • ・利用目的は何か
    • ・関心の対象はどう違うか
    • ・法規制について

2.ここが出発点!管理会計的頭の使い方をマスターする

  • (1)利益をあげるにはどうしたらいいか?
    • 【演習】プレーンピザ vs. スペシャルピザ <赤字商品はやめるべきなのか?>
  • (2)来期の利益はどうなるか
    • 【演習】利益計画をどう作るか <売上高の増加と同様に利益は増加するか?>
  • (3)共通するポイントは何か

3.管理会計の土台!固定費と変動費を分ける(固変分解)

  • (1)固変分解には5つの種類がある
  • (2)勘定科目法とは
    • 【演習】勘定科目法による固変分解
  • (3)最小自乗法とは
    • 【実演】Excelでできる固変分解
    • 【ケーススタディ】業種別の固変分解をみてみよう

4.CVP分析(損益分岐点分析)の基本的な考え方をマスターする

  • (1)販売量とコスト、利益の関係性
  • (2)CVP図を描いてみる
  • (3)2通りの横軸の取り方
  • (4)損益分岐点とは
    • 【演習】損益分岐点の求め方
  • (5)安全余裕率、損益分岐点比率とその意義
    • 【演習】売上変動に強いのはどのような会社か?

5.実践!CVP分析は実務でこう使う

  • (1)製品のCVP分析
    • 【演習】どこまで値下げできるか?
  • (2)部門のCVP分析
    • 【演習】部門の利益を増やすことができるか?
  • (3)予算管理への応用
    • 【演習】変動に強い予算を作るには?

演習がありますので、電卓をお持ちください。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20201222

開催月で探す

キーワードで探す

新型コロナウイルス感染防止策について
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う「みずほセミナー」開催の中止について

年間スケジュール

  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • みずほ総研広報メディア  Web Highlights
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ