ページの先頭です

決算における留意事項を総点検

今年度決算重要チェックポイントと最新会計基準動向

~会社法決算の留意点から税効果会計に関する新制度まで、金融庁の指摘事項を踏まえ実践解説~

セミナーNo.30-1509

No.K-36

近年の不適切な会計処理の事例が散見されることから、いわゆる監査法人のガバナンス・コード、監査法人の監査報告書における監査上の主要な検討事項(KAM)への今後の対応などが課題となっており、また、金融庁等から、不適切な会計処理の事例が公表されるなど、決算作業ではミスのないように慎重な対応が求められます。今年度決算では税効果会計における評価性引当額の注記の充実(繰越欠損金に関する開示)への対応のほか、今後の「収益認識に関する会計基準」への対応に向けた検討を開始すべき時期が近づいています。そこで、本セミナーでは、金融庁の検査、日本公認会計士協会の指摘事項などを踏まえ、金融商品の会計処理、税効果会計、固定資産の減損会計などに関する今年度決算重要チェックポイントを解説いたします。

対象 上場会社およびその子会社の経理担当幹部・担当者
開催日時 2019年3月22日(金) 13:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
23,760円 25,920円 29,160円
 うち消費税(8%) 1,760円 1,920円 2,160円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

阿部 光成氏

公認会計士
阿部 光成 氏

略歴
中央大学商学部卒業。1989年サンワ・等松青木監査法人(現有限責任監査法人トーマツ)入所。1999年から2001年まで財団法人企業財務制度研究会(COFRI)へ出向。2013年独立。現在は、豊富な知識・情報力を活かし、コンサルティング業のほか、各種実務セミナー講師としても活躍中で、実務に即した丁寧でわかりやすい解説には定評がある。企業会計基準委員会会社法対応専門委員会専門委員、日本公認会計士協会連結範囲専門委員会専門委員長、比較情報検討専門委員会専門委員長を歴任。現在は、各種セミナー講師、雑誌連載や書籍の執筆と幅広く活躍中。

主著
『Q&A減損会計適用指針における会計実務』(共著、清文社)『新会計基準の実務』(編著、中央経済社)『新しい事業報告・計算書類 ― 経団連ひな型を参考に〔全訂版〕』(編著、商事法務)他多数。

講義内容

※最新情報を織り込むため、今後の改訂動向等により、一部内容を変更・追加させていただく場合がございます。

  • 1.企業会計基準委員会・金融庁の最近の動向
    • (1)収益認識基準適用への準備
    • (2)監査上の主要な検討事項(KAM)とは何か
    • (3)有価証券報告書の開示に関する改正
  • 2.金融庁等の調査による指摘事項
    • (1)利益計画の合理性
    • (2)のれんの減損処理・税効果会計のミス事例
    • (3)関連当事者との異常な取引
    • (4)不適切な会計処理
  • 3.会社法決算に係る実務ポイント
    • (1)事業報告・計算書類作成のポイント
    • (2)親会社による子会社の株式等の譲渡に関するポイント
    • (3)後発事象
  • 4.金融商品会計の留意点
    • (1)有価証券の評価
    • (2)株式の減損処理
    • (3)子会社株式の評価(将来の利益計画との関係)
  • 5.税効果会計の留意点
    • (1)繰延税金資産の回収可能性と企業の分類
    • (2)将来の課税所得の見積り
    • (3)税効果会計における繰越欠損金の開示に関する改正
  • 6.固定資産会計の留意点
    • (1)固定資産の減損処理
    • (2)減価償却方法の変更
    • (3)資産除去債務
  • 【受講者の声(昨年度)】
    • ・分かりやすい解説・分かりやすいレジュメで良かったです。
    • ・同じセミナーを昨年も聞きましたが、良かったので本年も参加しました。講師・テキストともに良かったです。
    • ・阿部先生の講義は、とても分かりやすいので毎年参加できるのを楽しみにしています。
    • ・大変参考になりました。今後も阿部先生のセミナーの開催を希望します。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20190322

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナーのご案内
年度経営計画バナー
海外子会社管理バナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ