ページの先頭です

基本から最新動向まで!

『労働時間管理』重点チェックポイント=2021年度最新版

三六協定、長時間労働、年休、管理監督者、在宅勤務ほか

セミナーNo.21-10513

今、労働基準法を遵守して従業員の「健康」を守る労働時間管理が求められています。企業として適正な勤怠管理を行うためには、労働基準法、判例、行政解釈などの「基礎」を押さえることが必須です。本セミナーでは、そもそも労働時間とは何か、労基署から指摘されやすい点はどこか、予防と是正のために何をすべきかなど、企業の「実務」の観点から、最新の判例や法解釈に基づいてわかりやすく解説します。在宅勤務やフレックスタイム制、三六協定の押印廃止など、最近の動向にも対応しています。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
大変申し訳ございません
このセミナーの参加お申し込み受け付けは終了いたしました。
対象 経営者、人事・労務、法務ご担当
開催日時 2021年5月24日(月) 13:00~17:00
※Web配信(オンデマンド型)のお申込みはこちら
会場 みずほリサーチ&テクノロジーズ セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
26,400円 28,600円 31,900円
 うち消費税(10%) 2,400円 2,600円 2,900円
★テキスト代を含みます。
★お取消等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

橘 大樹氏

石嵜・山中総合法律事務所
パートナー 弁護士
橘 大樹 氏

略歴
慶應義塾大学法学部法律学科、一橋大学法科大学院卒業。2008年弁護士登録(第一東京弁護士会)。専門分野は労働法(企業側)。訴訟・労働審判・団体交渉等の紛争対応のほか、長時間労働対策、労基署対応、セクハラ・パワハラ、休職、人事賃金制度の変更など、人事労務に関連する様々な法律相談に対応している。各種講演、セミナーへの登壇実績多数。

主著
「パワハラ防止ガイドブック」(経団連出版)、「労働時間管理の法律実務」「改正労働基準法の基本と実務」(中央経済社)ほか。

講義内容

  • 1 労働基準法の基礎知識
    • (1)労働基準法32、36、37条
    • (2)平成12年の電通事件・最高裁判決
    • (3)働き方改革と時間外労働の上限規制
  • 2 ケースで学ぶ労働時間
    • ① 始業前MTG
    • ② 手待ち時間
    • ③ 学習・研鑽
    • ④ 営業社員の移動
    • ⑤ 出張先→本社の移動
    • ⑥ 自宅持帰り残業
    • ⑦ 携帯電話での対応
    • ⑧ 上長承認なく居残り残業
  • 3 企業の勤怠管理と労務コンプライアンス
    • (1)労基署から「是正指導」を受けやすいポイント
    • (2)厚労省の労働時間把握ガイドライン
    • (3)三六協定の記載に見落としはないか
    • (4)三六協定の「押印廃止」とは何か
    • (5)管理職研修で何を伝えるべきか
  • 4 テレワーク・在宅勤務の労働時間管理
    • (1)在宅勤務中の労働時間をどう管理すべきか
    • (2)事業場外みなし制は用いるべきか
    • (3)自宅→オフィスの移動は労働時間か
    • (4)隠れて残業した分を労働時間としないことは可能か
    • (5)在宅勤務規程に設けておきたい条項
  • 5 フレックスタイム制の運用ポイント
    • (1)導入・運用に必要な実務手続きは
    • (2)残業の事前承認制を敷いてもよいか
    • (3)休憩もフレックス化することは可能か
    • (4)コアタイム以外の業務を命じることは可能か
    • (5)コアタイムの繰上げ・繰下げとは何か
  • 6 管理監督者をめぐる実務QA
    • (1)年収や立場が管理職相当なら管理監督者といえるか
    • (2)管理監督者に出社の自由はあるのか
    • (3)時短を管理監督者に適用することは可能か
  • 7 労働時間をめぐる最新の実務QA
    • (1)長時間労働による慰謝料を認めた裁判例とは何か
    • (2)変形労働時間制を運用する際の注意点
    • (3)裁量労働制の「対象業務」の正しい見方
    • (4)退職時の年休消化と業務引継ぎ
    • (5)年休の年5日消化と育休・休職からの復帰

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

大変申し訳ございません
このセミナーの参加お申し込み受け付けは終了いたしました。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20210524

開催月で探す

キーワードで探す

新型コロナウイルス感染防止策について
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う「みずほセミナー」開催の中止について

年間スケジュール

  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社
人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ