ページの先頭です

再確認しておきたい

労基署の指導・調査への対応=基本と実践

最新の行政動向、多くの実例をふまえた対応の実際

セミナーNo.21-10515

働き方改革の進行とともに、労働基準監督署による長時間労働の是正に向けた活発な監督活動が続いています。また、社員や退職者からの告発も少なくなく、対応を誤らないためには、適切な事前準備と心構えが必要です。本セミナーでは、労働基準監督署の指導・調査についての基本知識と対応の実際について、激増する精神疾患の労災申請と調査の方法、適切な対応策を含めて具体的に解説します。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
大変申し訳ございません
このセミナーの参加お申し込み受け付けは終了いたしました。
対象 経営者、人事・労務・法務ご担当
開催日時 2021年5月26日(水) 13:00~17:00
会場 みずほリサーチ&テクノロジーズ セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
26,400円 28,600円 31,900円
 うち消費税(10%) 2,400円 2,600円 2,900円
★テキスト代を含みます。
★お取消等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

渡邊 徹氏

弁護士法人 淀屋橋・山上合同 パートナー
弁護士
渡邊 徹 氏

略歴
京都大学法学部卒業。99年弁護士登録、弁護士法人淀屋橋・山上合同大阪事務所入所後、2003年同事務所パートナー就任。顧問会社・団体が抱える人事問題や各種労働紛争など労働法関係を専門に担当。日本労働法学会、経営法曹会議、日本弁護士連合会労働法制委員会、大阪弁護士会労働問題特別委員会、同会子どもの権利委員会所属。

主著
「企業のための労働契約の法律相談」(青林書院)「労働審判=紛争類型モデル」(大阪弁護士協同組合)「Q&A会社のトラブル解決の手引き」(新日本法規)ほか多数。

講義内容

  • 1.労働基準監督署による指導とは
    • (1)労働基準監督署の役割・権限
    • (2)個別労使紛争と労基署指導の影響
  • 2.労働基準監督署による臨検監督とその効力
    • (1)労基署による監督とその対象
    • (2)是正勧告書/指導票の意味と効力
    • (3)書類送検の例
  • 3.臨検監督への対応
    • (1)一般的な臨検方法(提出書類等)
    • (2)臨検監督を受ける際の心構え、対応策
    • (3)働き方改革と実務対応
  • 4.精神疾患に基づく労災申請とその調査
    • (1)精神疾患に基づく労災認定の激増と判断基準
    • (2)労災申請と調査に対する心構え、対応策
  • 5.最後に ~日頃から気を付けておくべきこと

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

大変申し訳ございません
このセミナーの参加お申し込み受け付けは終了いたしました。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20210526

開催月で探す

キーワードで探す

新型コロナウイルス感染防止策について
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う「みずほセミナー」開催の中止について

年間スケジュール

  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社
人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ