ページの先頭です

社内研修として活用できる!

管理職・現場向け『職場のパワハラ防止研修』
(8/8~9/9配信)

パワハラの具体例、適切な指導・マネジメントの仕方―最新情勢と実例を踏まえた必須の25ポイント

セミナーNo.22-10821

webセミナー ウェブセミナー オンライン

“パワハラ防止法”の施行により、2022年4月からは中小企業もパワハラ防止措置が義務化されました。企業ごとに対策が進む中で、パワハラ事例の傾向にも変化が見られ、「怒鳴る」「暴言を吐く」などの典型的なケースは減少傾向にあるものの、イライラ・ピリピリした雰囲気を醸し出して周囲のメンバーや職場環境に影響を与えたり、所作や話し方で相手に精神的負荷を与えてしまうようなケースが増加しています。また、パワハラという言葉が一人歩きして、管理職が指導をためらってしまうケースも続いています。このような中で、企業は、法律と厚労省ガイドラインに基づいた正しい理解の共有と、最新の傾向に即した社員教育の実施が求められています。
本セミナーは、各社の現場向け社内研修に使えるコンテンツとして、ハラスメント問題に詳しい労働法専門(経営側)の弁護士が、最新の実例を踏まえた解説・研修を行います。「管理職」「一般社員」への研修のために、「経営層」「人事・総務」の理解深化のためにぜひご活用ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
みずほWebセミナーの視聴環境について
お申し込みの流れ
対象 社員研修を担当される人事・労務ご担当をはじめ、管理職および一般社員全般
申込期間

配信期間
<申込期間>~2022年8月24日(水)まで
 ※受講料入金期限:2022年8月26日(金)
<配信期間>2022年8月8日(月)~2022年9月9日(金)
 ※視聴可能期間:動画視聴ページログインから1週間 ※視聴時間:約180分
※次の配信期間の同セミナーはこちら
受講料
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
24,200円 27,500円 37,400円
 うち消費税(10%) 2,200円 2,500円 3,400円
★テキスト代を含みます。
★お取消やご参加の流れ等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。
★MMOne会員企業さまの場合、「ゴールド会員」「シルバー会員」価格にてお得にご利用いただけます。  MMOneの詳細はこちら
★上記はすべて受講者お一人さまの受講料です。IDの使い回し、複数名での視聴等は著作権法等違反となる可能性がありますので、厳にお控えください。

講師

橘 大樹氏

石嵜・山中総合法律事務所
パートナー 弁護士
橘 大樹 氏

略歴
慶應義塾大学法学部法律学科、一橋大学法科大学院卒業。2008年弁護士登録(第一東京弁護士会)。専門分野は労働法(企業側)。訴訟・労働審判・団体交渉等の紛争対応のほか、長時間労働対策、労基署対応、セクハラ・パワハラ、休職、人事賃金制度の変更など、人事労務に関連する様々な法律相談に対応している。各種講演、セミナーへの登壇実績多数。

主著
「パワハラ防止ガイドブック」(経団連出版)、「労働時間管理の法律実務」「改正労働基準法の基本と実務」(中央経済社)ほか。

講義内容

  • 第1章 プロローグ
    • 1 社員の健康を守る労働法-平成12年最高裁判決
    • 2 働き方改革とは何だったか
    • 3 サステナビリティと労働環境-コーポレートガバナンス・コード改訂
  • 第2章 なぜ、企業はハラスメントを防止しなければならないか?
    • 4 企業は黒字でなければ生き残れない
    • 5 パワハラが職場や企業に与える影響
    • 6 上司が萎縮して指導を躊躇してしまう問題
  • 第3章 法律・指針に基づく正しいパワハラ理解【定義】
    • 7 パワハラの法律上の定義を知ろう
    • 8 優越的な関係:上司−部下が典型だがそれに限られない
    • 9 業務上必要かつ相当な範囲を超えて:厳しい指導はパワハラか?
    • 10 就業環境が害される:本人がパワハラと感じたらパワハラか?
  • 第4章 パワハラ言動の具体例を知りたい
    • 11 厚労省指針に見る該当する例/しない例
    • 12 指導目的でもパワハラになるか? − 東京高裁平27.1.28判決
    • 13 問題行動に対する注意はパワハラか? − 東京地裁平20.4.25判決
    • 14 他の社員が見ている前で叱ったらパワハラか?
    • 15 最新版・やってはいけないNG言動集
  • 第5章 パワハラのケース判断【ケーススタディ】
    • ~各設問への回答と解説
  • 第6章 上司と部下の適切なコミュニケーション
    • 16 明確なパワハラ言動はないが部下を病ませる上司
    • 17 意図的にパワハラする人は少ない(原因を断つ)
    • 18 厚労省指針・報告書が指摘するパワハラの「要因」とは?
    • 19 パワハラと指導の違い
    • 20 上司と部下のコミュニケーション(昭和と令和)
  • 第7章 セクハラ・マタハラ・カスハラ・SOGIハラ
    • 21 強制わいせつはセクハラではない。セクハラの正しい理解とは?
    • 22 「性別役割分担意識に基づく言動」もセクハラである
    • 23 マタハラ言動の防止も法律上の義務
    • 24 カスタマーハラスメント(顧客からの/顧客へのハラスメント)
    • 25 SOGIハラとは何か?
  • 第8章 研修のおわりに

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

みずほWebセミナーの視聴環境について

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20220824

みずほセミナー年間ガイド

2021年度PDF

メルマガ配信を希望する

新型コロナウイルス感染防止策について

企業内研修

Mizuho Membership One(MMOne)

フッターの先頭です
ページの先頭へ