ページの先頭です

新任担当者のための

初めて学ぶ労働法の基本と実務

押さえておくべきポイントをわかりやすく解説

セミナーNo.30-1290

No.J-21

近年増加している労務トラブルの多くは、会社と労働者の約束事をめぐって生じているものです。こうしたトラブルを未然に防ぐため、または影響を最小限に留めるためには、「わが社は社員とどのような約束(労働条件)を結んでいるのか?」をきちんと知り、正しく理解することが第一歩です。本セミナーでは、会社と労働者の約束はどのように設定されるのか確認したうえで、賃金や労働時間、異動、退職など労働条件ごとに、その基本知識と労務管理上の留意点を解説します。

対象 新しく人事業務に携わられる方、労働法の基本を見直したい方
開催日時 2018年10月10日(水) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(昼食代、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

塚越 賢一郎氏

石嵜・山中総合法律事務所 ヴァイスパートナー
弁護士
塚越 賢一郎 氏

略歴
東京大学法学部卒業。2007年司法試験合格、2009年弁護士登録(第一東京弁護士会、経営法曹会議所属)。労働法を専門分野とし、使用者側の立場から、労務相談、訴訟事件、労使交渉等に幅広く携わる。各種講演・セミナー・研修も数多く手がけ、実務に沿った丁寧でわかり易い指導に定評がある。

主著
「個別労働紛争解決の法律実務」「労働契約解消の法律実務<第2版>」(以上中央経済社/共著)「有期労働契約をめぐる個別論点整理と実務対応」(日本法令/共著)ほか、雑誌「ビジネス法務」「月刊人事労務Q&A」記事等執筆多数。

講義内容

  • 1.はじめに
    • (1)労務管理は「労働条件」を理解することから始める
    • (2)労働条件とは
  • 2.労働条件はどのようにして設定・変更されるのか
    • (1)労働契約による設定・変更
    • (2)就業規則による設定・変更
    • (3)労働協約による設定・変更
    • (4)労働基準法・最低賃金法による設定(修正)
  • 3.労働契約はどのようにして成立するか(募集・採用・試用期間)
    • (1)採用の自由と法規制
    • (2)労働契約締結時の労働条件明示
    • (3)採用内定を取り消すことができるか
    • (4)試用期間満了時に本採用を拒否することはできるか
    • (5)身元保証にはどのような意義と効力があるか
  • 4.労働条件の内容①(賃金・賞与・退職金)
    • (1)賃金・賞与・退職金とは
    • (2)賃金の額の決定方法
    • (3)賃金の支払に関する4原則
    • (4)欠勤・遅刻・早退による賃金控除
    • (5)賞与の不支給・減額はできるのか
    • (6)退職金の不支給・減額はできるのか
  • 5.労働条件の内容②(労働時間・休憩・休日)
    • (1)労働時間とは
    • (2)労働基準法32条・34条・35条・36条・37条の規制
    • (3)所定労働時間と法定労働時間、所定休日と法定休日の違い
    • (4)時間外労働と休日労働の命令は常に有効か
    • (5)変形労働時間制とはどのような制度か
    • (6)フレックスタイム制とはどのような制度か
    • (7)事業場外労働のみなし時間制とはどのような制度か
    • (8)裁量労働制とはどのような制度か
    • (9)労働時間・休憩・休日に関する規定の適用除外
  • 6.労働条件の内容③(年次有給休暇等)
    • (1)年次有給休暇とは
    • (2)計画年休とは
    • (3)年休を半日単位で取得できるか
    • (4)年休の買上げはできるか
    • (5)産前産後休業・育児休業・介護休業とは
  • 7.労働条件の内容④(人事異動・懲戒処分など)
    • (1)人事異動とは
    • (2)配置転換とは
    • (3)出向とは
    • (4)転籍とは
    • (5)懲戒処分とは
  • 8.労働条件の内容⑤(健康管理・職場環境管理)
    • (1)健康管理・職場環境管理と安全配慮義務
    • (2)健康管理に関して問題となることは(過重労働問題等)
    • (3)職場環境管理に関して問題となることは(セクハラ・パワハラ・マタハラ等)
  • 9.労働条件の内容⑥(休職)
    • (1)休職とは
    • (2)休職期間満了と労働契約の終了
  • 10.労働契約はどのようにして終了するのか(辞職・退職・解雇)
    • (1)退職届の法的性質は(辞職と退職合意の申出の違い)
    • (2)就業規則上の退職事由の意義とは
    • (3)解雇の有効性はどのように判断されるか
    • (4)雇止めの有効性はどのように判断されるか

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20181010

開催月で探す

キーワードで探す

女性のためのMBAスタイルマネジメント講座
来るべき新時代『AI』関連セミナー はこちら
海外子会社管理セミナー
2018年度版みずほセミナー年間ガイドはこちら
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ