ページの先頭です

ご好評につき再配信!
豊富な事例でしっかり基礎を学ぶ

事例で学ぶ内部監査の実務入門(6/14~7/5配信)

最初に学ぶ内部監査の基礎セミナーとして最適です

セミナーNo.21-10665

webセミナー ウェブセミナー オンライン

内部監査人の方から、「内部監査人になったが、具体的に何を行えばよいのかよくわからない」「内部監査の本を読んでも、具体的なイメージがわかない」という話をよく耳にします。こうした背景から、J-SOX(内部統制報告制度)を意識した内部統制の監査や会計監査といった法制度における監査について学習をされる方が多いと思われますが、こうした法制度対応のための監査を具体的なイメージとして捉えることは、なかなか新任の内部監査人の方にとって、ハードルが高いのではないでしょうか。 そこで、本セミナーでは、なかなかイメージしづらい内部監査の基本を、まず取り掛かりとして学ぶべきは、内部監査の全体像と心構えであるとし、事例を多用し実務面から理解できるような基礎的内容を目指しました。この内部監査人としての心構えについても、実務面で役に立つと思われるものを、誤解を恐れず講師の経験上の判断で厳選して取り上げています。 今後ますます組織上重視されていくと思われる内部監査人の方が、迷うことなく現場で活躍することが可能となる基礎知識の習得が期待できるため、内部監査人になって最初に学ぶ内部監査の基礎セミナーとして最適です。
※4/5~4/30配信の再配信Webセミナーです。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
対象 新任または考えを整理されたい内部統制、内部監査担当幹部・スタッフ、監査役、経営幹部、内部監査を基礎から学びたい方
申込期間

配信期間
<申込期間>2021年6月7日(月)~2021年6月25日(金)
 ※受講料入金期限:2021年6月28日(月)
<配信期間>2021年6月14日(月)~2021年7月5日(月)
 ※試聴可能期間:動画視聴ページログインから1週間 ※視聴時間:約330分
受講料
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
27,610円 29,810円 34,210円
 うち消費税(10%) 2,510円 2,710円 3,110円
★テキスト代を含みます。
★お取消やご参加の流れ等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

山岡 信一郎氏

㈱ヴェリタス・アカウンティング 代表取締役社長
公認会計士
山岡 信一郎 氏

略歴
1993年 慶應義塾大学経済学部卒業。94年 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所、上場企業各社の法定監査、財務諸表監査をはじめ、株式公開支援業務、デュー・デリジェンス、不正調査、内部統制構築支援業務等に従事。2007年より現職。同年 弁護士の父と山岡法律会計事務所を開業。企業会計全般、内部統制・内部監査、IFRS(国際会計基準)等を中心に、各社のコンサルティングをはじめ社内研修、執筆、講演に活躍中。中央大学ビジネススクール講師(歴任)、(財)会計教育研修機構実務補習所講師(歴任)、上場企業の社外監査役も務める。豊かな経験を活かした実務本位のわかり易い指導には定評がある。

主著
「『おかしな数字』をパッと見抜く会計術」「企業会計における時価決定の実務」(共著)(いずれも清文社)、他に「旬刊経理情報」(中央経済社)等専門誌への論文多数。

講義内容

☆最新の動向により、以下の内容を一部変更させていただく場合があります。

  • 1.内部監査とは何か
    • ①内部監査とは何か
    • ②多岐にわたる内部監査の種類
  • 2.まず確認しなければならないこと
    • ①内部監査のルール
    • ②内部監査を担当する者としてのミッションと権限
    • ③よくある誤解
      【事例】内部監査規程
      【事例】監査の対象範囲
      【事例】業務を知らないで内部監査することに問題はあるのか
  • 3.どのように内部監査を実施すればよいのか
    • ①内部監査を実施する上で必要な視点
    • ②内部監査の基本的な流れ
    • ③監査手続
    • ④監査結果報告
      【事例】何を使ってどのように監査を行うか
      【事例】誰に何を報告するのか
  • 4.内部統制監査を目的とした内部監査
    • ①内部統制はどのように監査したらよいのか
    • ②内部統制監査に必要な知識
      【事例】難しいのは整備状況の内部監査
      【事例】リスク・コントロール・マトリクス(RCM)を使った内部監査
  • 5.会計監査を目的とした内部監査
    • ①監査対象となる決算書とは何か
    • ②何をしなければならないか
      【事例】内部統制監査と残高監査の見方の違い
      【事例】監査手続例(現金、売掛金)
  • 6.その他の内部監査
    • ①業務監査
    • ②特命監査
    • ③IT監査
      【事例】不正への対応
      【事例】監査だらけのシステム部門

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20210607

開催月で探す

キーワードで探す

新型コロナウイルス感染防止策について
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う「みずほセミナー」開催の中止について

年間スケジュール

  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社
人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ