ページの先頭です

「Withコロナ」で変えるべきもの、変わらないもの

『教育研修体系』作成・見直しのすすめ方

今は自社の社員教育を検証する絶好の機会 ― 基本的考え方と留意すべきポイント

セミナーNo.20-11111

No.K-36

新型コロナウイルスの影響により、多くの企業で研修の内容変更や中止、延期対応に追われています。しかしこうした様々な変更は、はからずも自社にとって真に必要な教育とその方法を検証できる絶好の機会となるはずです。集合研修である必要はなかったものとやはり必要なもの、自己啓発の位置づけの拡大、OJTの在り方 ― 本セミナーでは、人事部門が持つべき基本的な考え方や「Withコロナ時代」をふまえたうえで、教育体系の具体的イメージを膨らませます。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
対象 人材育成・研修企画立案部門ほか、自社人材育成業務に携わる方々
開催日時 2020年11月17日(火) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
27,610円 29,810円 34,210円
 うち消費税(10%) 2,510円 2,710円 3,110円
★テキスト代を含みます。
★お取消等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

鈴木 貴

みずほ総合研究所(株)
主任コンサルタント
鈴木 貴 

略歴
一橋大学社会学部卒業。東京電力株式会社(現東京電力ホールディングス株式会社)の人事部門にて、階層別研修の企画・カリキュラムの設計・社内講師等の業務に従事。社内の課題を的確に捉えた内容構成および自身による講義により、品質を担保した研修内製化に寄与。2012年度より現職。現在は組織人事コンサルタントとして、多種多様な業界の、組織診断や人事制度構築・運用支援、管理職・中堅社員向け研修の企画・実施等に従事。理解しやすいストーリー構成と安定感のある話しぶりには定評がある。

講義内容

  • 1 教育研修体系とは何か
    • (1)教育研修体系の実際
    • (2)教育研修体系とは
    • (3)なぜ、人材育成が必要なのか
  • 2 教育研修体系の作成・見直しの方法
    • (1)6W2Hで考える
    • (2)Why、What、Whomの視点
      • ○自社の研修ニーズを考える
      • ○対象者の考え方(全員型、選抜型、希望型)
    • (3)Howの視点
      • ○Off-JT、OJT、自己学習の特徴
      • ○OJT推進者が知っておくべきポイント
      • ○能力を高めやすい教育方法
    • (4)新入社員から中間管理職までの育成のポイント
      • ○新入社員を「早く職場に馴染ませる」
      • ○中堅社員を「奮起させる」
      • ○中間管理職に「人を動かす力をつける」
    • (5)Whoの視点
      • ○人が教えるか、機械が教えるか
      • ○研修会社の選び方
    • (6)効果測定と見直し
      • ○担当者の目利きとデータの活用
    • (7)「Withコロナ」時代の教育研修体系の見直し方
  • 3 今日的課題と教育研修体系
    • (1)AI時代を生きる
    • (2)女性活躍の推進
    • (3)高年齢者の活用
    • (4)ダイバーシティマネジメント
    • (5)経営人材の輩出
  • 4 これからの人材開発部門の役割

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20201117

開催月で探す

キーワードで探す

新型コロナウイルス感染防止策について
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う「みずほセミナー」開催の中止について

年間スケジュール

  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • みずほ総研広報メディア  Web Highlights
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ