ページの先頭です

難しいと思われがちなDDを平易な言葉で分かりやすく解説!

M&A財務・税務デュー・デリジェンス、30のチェックポイント

財務・税務DDと企業評価やストラクチャリングとの関係の整理、クロスボーダーにおけるDDの留意点、DDレポートの読み方まで

セミナーNo.20-10334

No.G-12

デュー・デリジェンス(以下DD)とは、買収対象となる企業や事業の実態を把握し、それが内包するリスク要因を特定するための調査です。DDの結果は、「そもそも買収を行うべきか」という経営判断に使われ、また「買収を行うのであれば価格はいくらか?」「どのように買収すべきか?」「契約書に盛り込む条項は?」といった、買収の根幹となる事項の判断材料としても活用されます。しかし、財務・税務DDに関しては、標準的な手続きというものがなく、また一見難解な部分もあり、「専門家に丸投げでよく分からない」という方も多いようです。これは大変危険なことで、調査範囲(スコープ)の設定やレポートの分析など、その内容を把握しておくことのメリットは山のようにあります。本講座では、財務・税務DDでは何を見るべきか、重要度の高い30のポイントをピックアップし、平易な言葉で分かりやすく解説します。
講師著書『M&Aにおける財務・税務デュー・デリジェンスのチェックリスト』を進呈します!

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
対象 経営企画担当者、M&A担当者
開催日時 2021年3月17日(水) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
29,810円 32,560円 37,510円
 うち消費税(10%) 2,710円 2,960円 3,410円
★テキスト代を含みます。
★お取消等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

佐和 周氏

佐和公認会計士事務所 代表 公認会計士 税理士
佐和 周 氏

略歴
東京大学経済学部卒業後、朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入所。2008年英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。その後KPMG税理士法人に転籍し、日系グローバル企業や外資系企業の税務申告、国内・海外税務デュー・デリジェンス業務や国際税務に係るアドバイザリー業務等に従事。2011年に独立し現在に至る。複雑な内容を分かりやすく解きほぐす講義には定評がある。

主著
『これだけは押さえておこう海外取引の経理実務ケース50』、『これだけは押さえておこう国際税務のよくあるケース50』、『海外進出・展開・撤退の会計・税務Q&A』、『海外進出企業の税務調査対策チェックリスト』、『英和・和英 海外取引で使える会計・税務用語辞典』、『M&Aにおける財務・税務デュー・デリジェンスのチェックリスト』(中央経済社)他多数。

講義内容

Ⅰ.デュー・デリジェンス(DD)とは

  • 1.財務・税務DDの概要
  • 2.買収の流れと財務・税務DDの位置付け
  • 3.法務DD・ビジネスDDとの連携
  • 4.財務・税務DDと企業評価との関係 ― DCFやマルチプルとの関係

Ⅱ.基礎情報分析

  • 1.基礎情報分析の概要
  • 2.早めに押さえておくべき基礎情報分析のポイント

Ⅲ.財務デュー・デリジェンス(貸借対照表分析)

  • 1.貸借対照表分析の概要
  • 2.貸借対照表項目別のチェック・ポイント

Ⅳ.財務デュー・デリジェンス(損益計算書分析)

  • 1.損益計算書分析の概要
  • 2.損益構造把握のポイント
  • 3.損益計算書項目別のチェック・ポイント
  • 4.正常収益力分析のポイント

Ⅴ.財務デュー・デリジェンス(事業計画分析)

  • 1.事業計画分析の概要
  • 2.事業計画分析のポイント

Ⅵ.税務デュー・デリジェンス

  • 1.税務DDではどこを見るべきか?
  • 2.タックス・ポジションの把握
  • 3.税務調査結果の分析のポイント
  • 4.税務申告書の分析のポイントと個別論点
  • 5.企業評価の観点から押さえておくべきポイント

Ⅶ.DD結果への対応

  • 1.買収価格への反映
  • 2.買収契約書上の条項への反映やストラクチャリングによるリスク低減

Ⅷ.DDレポートの読み方

  • 1.DDレポートの記載事項と押さえておくべきポイント
  • 2.DDレポート確認後の追加作業依頼

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20210317

開催月で探す

キーワードで探す

新型コロナウイルス感染防止策について
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う「みずほセミナー」開催の中止について

年間スケジュール

  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • みずほ総研広報メディア  Web Highlights
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ