ページの先頭です

企業価値向上、組織や市場に定着させるための視点と施策

『コーポレート・ブランディング』の基本と実践

定義→準備→実践→展開の仕方から、ブランディングに関わる最新情報・事例、SDGs活用のポイントまで

セミナーNo.20-10529

No.F-27

環境の目まぐるしい変化、事業多角化やビジネスモデルの多様化、グローバル展開、ライバル企業の増加、人材採用の場面や社員のモチベーション向上など、さらなる発展や他企業との差別化を図るために、企業のブランディングの必要性が求められています。 本講座では、社内外に必要とされるコーポレートブランディングの基本と効果的な実践の仕方、推し進める上での必要な視点・施策を、課題から紐解き、様々な事例・最新情報やワークショップを交えながら学んでいただきます。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
対象 経営幹部、経営企画、広報、宣伝部門、CSR担当、ブランディング・プロジェクト担当等
開催日時 2020年5月29日(金) 10:00~17:00
会場 航空会館 会議室
東京都港区新橋1-18-1
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
28,600円 30,800円 35,200円
 うち消費税(10%) 2,600円 2,800円 3,200円
★昼食代、テキスト代を含みます。
★お取消等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

横田 浩一氏

横田アソシエイツ代表取締役、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授
横田 浩一 氏

略歴
早稲田大学卒業後、日本経済新聞社に入社。主に広告局、ブランド価値評価モデルを作成するなどコーポレートブランドプロジェクト、CSRプロジェクトなどを担当。2005年~2008年、日経広告研究所兼務研究員。2011年に同社を退職後、株式会社横田アソシエイツを設立。日本経済研究センター特任研究院。2015年~慶應義塾大学大学院特任教授。
企業のブランディング、マーケティング、CSR、CSV、HRM、イノベーション分野に携わると共に、地方創生に関わる。

主著
共著に『ブランド評価と価値創造』(日本経済新聞社)、『グローバル・ブランディング』(碩学舎)、『コーポレートブランド格闘記』(日本経済新聞社)、『新地域ブランド戦略』(日本経済新聞社)、『愛される会社のつくり方』(碩学舎)、『ソーシャル・インパクト』(産学社)、『ソーシャルパワーの時代』(産学社)、『デジタルワークシフト』(産学社)

講義内容

  • 1.コーポレートブランディングとは
    • (1)自社のブランドの課題をあげてみよう!
    • (2)様々な企業の課題
    • (3)中期経営計画、ステートメントとの関係性
    • (4)社内外におけるブランドって何?
    • (5)企業価値に占めるコーポレートブランド価値の割合
    • (6)B2Bにブランドは必要? ― 顧客に対する効果とは
    • (7)マーケティング3.0とブランド
  • 2. ブランド戦略の開始に向けて
    • (1)ステークホルダーの確認、重要なステークホルダーを見つける
    • (2)企業理念改定、長期ビジョンが議論になるのはなぜ
      【具体事例紹介①】:コマツ
    • (3)トップのコミットメント
  • 3.ブランディングの実践
    • (1)ブランド分析の手順
    • (2)ブランド・プラットフォームの構成検討
      • ・ビジョン(企業理念)
      • ・アイデンティティ(社名・ロゴ)
      • ・コーポレートメッセージ策定の方法・流れ(3ステップ)
      • ※プロジェクトとしての進め方・手順
    • (3)自社の強み発見、魅力の掘り起こし方、具現化
    • (4)ブランド調査、ブランド価値の測定の仕方、自社ブランドの現状把握
    • (5)従業員の意識検証、インターナル
      【具体事例紹介②】:資生堂
    • (6)ブランドとCSV
  • 4.ブランディングの展開のために
    • (1)コミュニケーションの活用(メディア分析、SNS)
    • (2)イノベーション×ブランド
    • (3)HRM×ブランド
    • (4)採用×ブランド
    • (5)考慮すべきブランドリスク
    • (6)新時代におけるコーポレートブランドの要件
  • 5.SDGsを取り入れたコーポレート・ブランディング
    • (1)SDGs(持続可能な開発目標)、ESGの概要、枠組み
    • (2)SDGsを巡る内外の最新動向 ― 大企業、中小企業、自治体、グローバル
    • (3)ブランディングに取り込むポイント、活用の視点


※最新の動向により、上記内容を一部変更させていただく場合があります。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20200529

開催月で探す

キーワードで探す

新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う「みずほセミナー」開催の中止について
新型コロナウイルス感染症拡大のため中止したセミナーの一部再開催について

年間スケジュール

  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • みずほ総研広報メディア  Web Highlights
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ