ページの先頭です

ご好評につき募集期間延長!
DXの基礎知識を学び、デジタルイノベーションのヒントをつかむ!

基礎から学ぶ ≪DX入門講座≫(9/5~10/7配信)

DXって何?なぜ必要?どう進める?

セミナーNo.22-10921

webセミナー ウェブセミナー オンライン

今やビジネスパーソンにとってDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉は聞き馴染みとなり、DX推進部やDX戦略室といった専門部署を設置している企業も少なくなりません。しかし、DX推進については、企業規模や業種・業態によって取り組み状況に大きな差があり、「何から始めたら良いのか分からない」「そもそも社員がDXの本来の意味を理解できていない」といった悩みを抱えた企業が多いことも事実です。本セミナーでは、トップマネジメントから現場責任者の方を対象に、よくあるDXについての「3つの疑問」DXって何?なぜ必要?どう進める?といった基礎(入口)の部分から、具体的にDXを推進する上での重要ポイントまでを解説します。DX推進やDX人材の育成の第1歩として、ぜひ本講座をご活用ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
みずほWebセミナーの視聴環境について
お申し込みの流れ
対象 社長・役員各位、経営企画、事業戦略、DX推進担当者などDX推進に取り組んでいる、または、これからの取り組みを検討されている方や、DXに関して見識を深めたい方々 等
申込期間

配信期間
<申込期間>~2022年9月22日(木)まで
 ※受講料入金期限:2022年9月27日(火)
<配信期間>2022年9月5日(月)~2022年10月7日(金)
 ※視聴可能期間:動画視聴ページログインから1週間 ※視聴時間:約120分
受講料
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
26,400円 28,600円 31,900円
 うち消費税(10%) 2,400円 2,600円 2,900円
★テキスト代を含みます。
★お取消やご参加の流れ等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。
★MMOne会員企業さまの場合、「ゴールド会員」「シルバー会員」価格にてお得にご利用いただけます。  MMOneの詳細はこちら
★上記はすべて受講者お一人さまの受講料です。IDの使い回し、複数名での視聴等は著作権法等違反となる可能性がありますので、厳にお控えください。

講師

杉浦 治氏

株式会社学びラボ 代表取締役
一般財団法人ネットショップ能力認定機構 理事ファウンダー
杉浦 治 氏

略歴
名古屋大学工学部電気科卒業。大学在学中に起業したのち、数々の企業経営とIT関連サービス業の取締役経験を経て、IT業界における経営スペシャリスト育成に従事。2010年に(財)ネットショップ能力認定機構を設立し、EC事業運営能力を測る「ネットショップ検定」を主催。2021年に(社)データサイエンティスト育成機構を設立、武蔵野大学アントレプレナーシップ研究所客員研究員に就任し、ビジネス現場で活躍できる実践的なデータサイエンティスト育成に取り組む。デジタルマーケティング、EC、データサイエンス、イノベーションなどをテーマとした人材開発の実績を持つと共に、ビジネスコミュニケーション、EC、ビッグデータなどの分野においても、検定や資格制度の開発および運営、研修カリキュラム開発、教材の開発および執筆、経営コンサルティング、新事業開発など、ソリューションスペシャリストとしての実績多数。

講義内容

  • はじめに
    • - 本講座の目的・目標
    • - 本講座の流れ
  • DXって何?
    • - DXの提唱者とその内容
    • - DXの定義
    • - デジタイズ/デジタライズ/DXの違い
  • なぜDXが必要?
    • - 日本の人口動態と生産性
    • - 産業革命の振り返り
    • - データとデジタル技術の変化
    • - 生活習慣の変化
    • - 企業の取り組みと評価の変化
  • どうDXを進める?
    • - デジタル技術を知る
    • - データを知る
    • - 事例を知る
    • - 顧客企業を知る、エンドユーザーを知る
    • - 自社のDXを企画する、顧客企業と共創する
    • - 推進のカベに対処する
  • まとめ

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

みずほWebセミナーの視聴環境について

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20220922

みずほセミナー年間ガイド

2021年度PDF

メルマガ配信を希望する

新型コロナウイルス感染防止策について

企業内研修

Mizuho Membership One(MMOne)

フッターの先頭です
ページの先頭へ