ページの先頭です

価格引下げの交渉力をアップする

見積原価から攻める購買コストダウンの実践手法

購入価格の低減余地から見積書チェック、効果的なコスト削減手法の実際まで

セミナーNo.19-10305

No.N-3

低価格競争が厳しさを増す環境下、購買、外注部門に対するコストダウン要請は強まる一方です。これに迅速・的確に対応するには、原価の中身を知り、見積原価の考え方を体系的に理解して、見積書のチェック・価格交渉に当たることが必要です。本セミナーでは、原価の仕組みから、見積書の見方、チェックポイント、コストダウン余地の発見方法、グローバル購買の考え方、具体的な低減策までを経験豊富な講師がわかりやすく解説いたします。

対象 資材・購買・調達・外注担当者、スタッフ
開催日時 2020年3月18日(水) 10:00~17:00
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
28,600円 30,800円 35,200円
 うち消費税(10%) 2,600円 2,800円 3,200円
★昼食代、テキスト代を含みます。
★お取消等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

橋本 賢一氏

(株)MEマネジメントサービス
マネジメントコンサルタント・公認会計士
橋本 賢一 氏

略歴
1969年中央大学商学部卒。日本能率協会チーフコンサルタント等を経て85年(株)MEマネジメントサービス設立。中堅から大手まで、国内外の多くの企業の原価企画、コスト管理、生産性向上等のコンサルティングや支援ソフトの開発をはじめ、執筆、講演等に活躍中。豊富な事例をまじえた実践的で明快な指導には定評がある。
(URL http://www.mejapan.com)

主著
「見える化でわかる限界利益と付加価値」「経済性工学がわかる本」「見える化でわかる間接サービス部門の原価管理」「見える化でわかる売り値と買い値」「社長!経営が見えていますか」「よくわかるムダとりの本」「初乗り610円にダマされるな」「よくわかる原価のしくみ」「実践 原価計算」ほか多数。

講義内容

  • 1 購入価格低減は原価の中身を知ることから
    • (1)原価見積はどのようにやるか
    • (2)材料費はどのように見積もるか
    • (3)加工費はどのように見積もるか
    • (4)製造原価を見積もってみる
  • 2 見積書の書かせ方にも工夫がある
    • (1)販管費・利益の乗せ方と見積価格の決め方
    • (2)価格はどのようにして決まるか
    • (3)価格決定シミュレーション
      • ■見積価格検討表問題
    • (4)購買折衝と値下げ対抗の一般原則
  • 3 購入価格はどこまで下がるか
    • (1)貴社の購買管理レベルは高いか
    • (2)購入価格の低減余地は事前にわかる
    • (3)相場材料の場合のコストダウン余地
    • (4)外注品の場合のコストダウン余地
    • (5)購買部門の業績と購買効率管理
      • ■購買効率管理問題
  • 4 購入価格の低減策あの手この手
    • (1)管理購買による購買コストダウン
    • (2)購買価格査定のためのコストテーブル
      • ■コストテーブル作成問題
    • (3)標準化による購買コストダウン
  • 5 購入先の発掘とグローバル購買
    • (1)最適サプライヤーの選択
    • (2)内外製の判断と得失
      • ■購入価格限度額
    • (3)海外生産・調達の多角的活用

ご参加の方は電卓をお持ち下さい。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20200318

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナー
改正消費税&関連セミナー
グローバル業務
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • みずほ総研広報メディア  Web Highlights
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ