ページの先頭です

生産性の向上と、業務自動化・最適化を目指す

AI技術を活用した購買・調達のススメ

購買・調達領域でAIを活用するためにまず始めること

セミナーNo.30-1516

現在、生産分野においても、AIやビッグデータなどのキーワードが頻繁に飛び交っています。トップからの指示で、サプライチェーン・調達・購買、生産といった領域でも、AIの活用検討を進める企業が多く存在します。しかし、実務的に同領域で、本当にAIが活用できるのか頭を悩ませる人ばかりです。本当に同領域でAIは活用できるのか。当セミナーでは、AIを利用した価格査定や取引先評価等、現時点で考えうる活用法をお伝えします。そして、AIの限界は何か。活用するためには、自社の状況を把握し、まず何をしなければいけないのか。単なる概要ではなく、必要なプログラミングコードの解説とその使用法もお伝えしますので、明日から実務で活用するための試行錯誤を開始いただけます。サプライチェーン・調達・購買業務で重要なデータ整備・収集をはじめる上でのポイントもお伝え致します。AIを活用した調達・購買業務を進めるために、是非本講座をご活用ください。

対象 調達・購買・生産・物流分野に関与する幹部・ご担当者
開催日時 2019年2月8日(金) 13:30~17:00
会場 航空会館 会議室
東京都港区新橋1-18-1
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
23,760円 25,920円 29,160円
 うち消費税(8%) 1,760円 1,920円 2,160円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(昼食代、テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

坂口 孝則氏

未来調達研究所株式会社 所属
坂口 孝則 氏

略歴
経営コンサルタント。仕入・調達・購買、ビジネスモデル、原価構造、販売戦略、物流などのテーマで各種団体・企業にて講演実績多数。大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。調達・購買、原価企画を担当。製造業・サービス業を中心として活動を続ける。その経験から、AIを活用し調達・購買業務を改善するノウハウを解説している。

主著
「社会人1年目からの「これ調べといて」に困らない情報収集術」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)「とびきりやさしいビジネス統計入門」「製造業の現場バイヤーが教える調達力・購買力の基礎を身につける本」「調達・購買“戦略決定”入門」(共著)「製造業の現場バイヤーが教える だったら、世界一の購買部をつくってみろ!」(共著)(以上、日刊工業新聞社)「会社の電気はいちいち消すな」(光文社)他多数。

講義内容

  • 1.機械学習とは何か
    • (1)結局どのように役に立つのか
    • (2)入力と出力の定量化
    • (3)調達・購買業務への応用の「カギ」とは
  • 2.どうやったら導入できるのか
    • (1)無料でダウンロードできる
    • (2)Pythonについて
    • (3)Anacondaについて(scikit-learn等について)
  • 3.機械学習を使った価格査定業務等事例
    • (1)[回帰]旧来の価格査定アプローチとの比較
    • (2)[分類]企業ランク
    • (3)[ルール抽出]部員分類
  • 4.機械学習で変わる調達・購買業務
    • (1)調達アシスタントはAIで代替可能か(試作結果報告)
    • (2)部材コード分類はAIで可能か(試作結果報告)
    • (3)RPAの活用で調達業務の自動化はどこまで可能か
    • (4)これからの調達・購買業務はどこへ向かうのか

※最新の動向により、上記内容等を一部変更させていただく場合がございます。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20190208

開催月で探す

キーワードで探す

新任担当者向け入門・基礎セミナーのご案内
年度経営計画バナー
海外子会社管理バナー
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ