ページの先頭です

近時の様々な制度改正や議論の進展にキャッチアップ!本質を見極めた深度ある対応に必須です

コーポレートガバナンスの最新動向と実務対応のポイント

CGコードの改訂、経済産業省の各種指針、開示府令や会社法の改正など、コーポレートガバナンスの最新動向を整理し、直近の対応例も豊富に織り交ぜ解説

セミナーNo.19-10948

コーポレートガバナンスについては、近時においても様々な制度改正や議論の進展が続いており、各社における対応がますます本格化しています。それらの本質を見極めた上で、深度ある対応を検討するためには、各種制度改正の内容・趣旨を深く理解することが必要不可欠です。本講座では、コーポレートガバナンス・コードの改訂、経済産業省の各種指針、開示府令や会社法の改正など、コーポレートガバナンスの最新動向をわかりやすく紹介し、直近の対応例の紹介なども豊富に織り交ぜながら、実務対応のポイントを解説します。

対象 経営企画、経営幹部、総務、法務、内部統制、内部監査ご担当者~責任者
開催日時 2019年9月5日(木) 13:30~17:00
会場 航空会館 会議室
東京都港区新橋1-18-1
参加費
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
24,840円 27,000円 30,240円
 うち消費税(8%) 1,840円 2,000円 2,240円
★テキスト代を含みます。
★お取消等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

内田 修平氏

森・濱田松本法律事務所 パートナー 弁護士
内田 修平 氏

略歴
2002年東京大学法学部卒業、2003年弁護士登録。2008年コロンビア大学ロースクール卒業、2009年ニューヨーク州弁護士登録。2010年~2013年法務省出向(民事局にて会社法改正の立案を担当)。M&A/企業再編、ファイナンス(投資・資金調達)、コーポレート・ガバナンスなどを含む企業法務全般を取り扱っている。

主著
「実務解説 会社法」(商事法務)、「コーポレートガバナンス・コードの実務」「一問一答 平成26年改正会社法」(共著、商事法務)、「コードに対応したコーポレート・ガバナンス報告書の記載事例の分析 平成29年版」「立案担当者による平成26年改正会社法の解説」(共著、別冊商事法務)、「TOPIX500構成銘柄企業のコーポレートガバナンス・コード対応の傾向と開示例」(共著、資料版商事法務)、「M&A法大系」(共著、有斐閣)その他、雑誌への寄稿、論文等多数。

講義内容

  • 1.コーポレートガバナンスをめぐる近時の議論(総論)
  • 2.CGコードの改訂
    • (1)改訂された原則への実務対応の概況
    • (2)政策保有株式
    • (3)CEO・経営陣の選解任
    • (4)後継者計画
    • (5)任意の諮問委員会
    • (6)取締役会の多様性
    • (7)その他
  • 3.経済産業省の各種指針と実務対応
    • (1)CGSガイドラインの改訂
    • (2)グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針の策定
  • 4.有価証券報告書の記載事項(開示府令の改正)
    • (1)役員報酬に関する開示
    • (2)政策保有株式に関する開示
    • (3)監査役会等の活動状況に関する開示
  • 5.会社法改正
    • (1)株主総会資料の電子提供制度
    • (2)株主提案権の濫用的行使の制限
    • (3)役員報酬に関する規律の見直し
    • (4)その他
    • (5)今後の展望
  • ★当日の講義には最新動向を盛り込むため、一部を変更させていただく場合があります。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20190905

開催月で探す

キーワードで探す

グローバル業務
女性のためのMBAスタイルマネジメント講座
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • みずほ総研広報メディア  Web Highlights
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ