ページの先頭です

年末調整事務の実践ポイントがよくわかる

給与計算と年末調整の実務

年末調整をスムーズにすすめるための必須知識と実務の要点を、演習を通じてわかりやすく解説!

セミナーNo.30-1316,30-1325

No.I-17

年末調整は、慌ただしい時期にスピードと正確さが要求される業務です。年末調整を正しく行うためには、まず給与計算が正しく行われていることが前提となりますし、所得税・各種控除や今年の改正点に関する知識をベースに正しい手順で実務を行わなければなりません。本セミナーでは、1日目の給与計算編で「給与計算・賞与計算の基本」と「誤りやすい点」を演習をまじえて重点的に確認し、2日目の年末調整編で、「年末調整の全体像」を確認したうえで、「所得控除の計算」「税額控除の計算」「税額の計算」から「源泉徴収票の作成」までの一連の実務について、計算演習を取り入れながら解説します。また、実務上誤りやすい点、疑問が生じやすい点への対応もお話しいたします。

対象 給与計算担当者・人事総務担当者(おおよその流れはわかるが実務を一通り再確認したい方)
開催日時 Aコース:2018年10月30日(火)~2018年10月31日(水)
Bコース:2018年11月6日(火)~2018年11月7日(水)
※同内容のセミナーを2回行います。ご都合のよい回をお選びください。

A B コースとも開催時間は以下のとおりです。
10:00~17:00 (1日目:給与計算編 2日目:年末調整編)
会場 みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
参加費

2日ともご参加の場合

ゴールド会員(旧特別会員)シルバー会員(旧普通会員)左記会員以外
44,280円 48,600円 55,080円
 うち消費税(8%) 3,280円 3,600円 4,080円

★1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(テキスト代、昼食代2,000円を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)
★全受講は2日間同一のご参加者を前提としております。

1日のみご参加の場合

ゴールド会員(旧特別会員)シルバー会員(旧普通会員)左記会員以外
28,080円 30,240円 34,560円
 うち消費税(8%) 2,080円 2,240円 2,560円

★本セミナーは2日間通しで1コースのセミナーですが、「給与計算編」または「年末調整編」いずれか1日間のみの選択受講も承ります。
(選択受講の場合は、1社複数名申込時の割引適用はいたしかねます。)

講師

兼子 憲一氏

社会保険労務士法人兼子・山下経営労務事務所 代表社員 社会保険労務士
兼子 憲一 氏

略歴
明治大学経営学部卒業。平成9年小嶋経営労務事務所入所。業務管理部長として活躍。平成19年、社会保険労務士法人兼子・山下経営労務事務所設立。企業の人事・賃金制度の構築や社内規定の策定・整備、労務管理の指導等のほか、各種セミナー講演、執筆活動に活躍中。実務に即した丁寧な指導に定評がある。

主著
「社会保険・労働保険実務全書」 (共著、日本実業出版社)「社会保険の手続きをするならこの1冊」(共著、自由国民社)「小さな会社の事務がなんでもできる本」(共著、日本実業出版社)「福祉サ−ビスの基礎知識」(共著、自由国民社)「Q&A出向・転籍・労働承継の実務」(共著、新日本法規出版)

田村 豪司氏

あすか会計事務所 税理士
田村 豪司 氏

略歴
横浜国立大学経済学部卒。大学在学中より「資格の学校TAC」にて税法非常勤講師として勤務。平行して複数の会計事務所勤務を経験し、2006年、税理士登録して開業。実務に精通し、多種多様な企業の決算申告業務からコンサルティング業務まで幅広く活躍中。実務に即したわかりやすい講義と丁寧な質問対応に定評がある。

主著
地方税の実務(TAC出版/共著)

講義内容

【1日目 給与計算編(10:00~17:00)】
― 年末調整事務に必須の給与計算・社会保険・労基法の知識 ―
 (担当講師:兼子 憲一 氏)

  • Ⅰ.給与計算のしくみと法律知識
    • 1.給与計算のしくみ
      • (1)給与明細書の構成
      • (2)毎月の給与計算フローチャート
    • 2.給与計算に関する労働基準法の知識
      • (1)給与支払の5原則とは
      • (2)労働時間(時間外・休日・深夜労働)の計算
      • (3)残業手当の計算方法 <ケーススタディ>
      • (4)不就労控除の計算方法
  • Ⅱ.社会保険のしくみと保険料徴収・納付
    • 1.健康保険・厚生年金保険の保険料徴収
      • (1)被保険者となる人、ならない人
      • (2)標準報酬月額の決定方法
      • (3)毎月の保険料の徴収と納付
      • (4)採用・退職時の保険料の徴収方法
    • 2.労災保険・雇用保険の保険料徴収
      • (1)被保険者となる人、ならない人
      • (2)毎月の保険料の徴収と納付
  • Ⅲ.所得税・住民税の知識と徴収・納付
    • 1.課税される給与とされない給与
    • 2.源泉徴収のために会社が用意しておく書類
    • 3.源泉徴収税額の計算のしくみ
      • (1)源泉徴収税額表の使用区分とその見方
      • (2)源泉所得税の計算の手順
    • 4.住民税の徴収と納付のしかた
  • Ⅳ.給与計算をしてみよう
  • Ⅴ.賞与計算の実務
    • 1.社会保険料の徴収
      • (1)健康保険・厚生年金保険料の徴収
      • (2)雇用保険料の徴収
    • 2.源泉所得税の計算
    • 3.賞与計算をしてみよう

【2日目 年末調整編(10:00~17:00)】
― 年末調整をスムーズにすすめるための必須知識と実務の要点 ―
 (担当講師:田村 豪司 氏)

  • Ⅰ.年末調整とは何か
    • 1.なぜ年末調整が必要なのか
    • 2.本年の改正点
    • 3.所得税の構造
    • 4.年末調整の時期
    • 5.年末調整を始める前に
  • Ⅱ.年末調整をやってみよう
    • 〔1〕年末調整の準備
      • (1)源泉徴収簿の記載内容の確認
      • (2)年末調整の対象者
      • (3)申告書の配布
      • (4)回収
    • 〔2〕年末調整の第1関門:各種控除
      • 1.『扶養控除等(異動)申告書』
        • (1)扶養控除
        • (2)障害者控除
        • (3)寡婦(寡夫)控除
        • (4)勤労学生控除
        • (5)基礎控除
      • 2.『配偶者控除等申告書』
        • (1)配偶者控除
        • (2)配偶者特別控除
      • 3.『保険料控除申告書』
        • (1)生命保険料控除
        • (2)地震保険料控除
        • (3)社会保険料控除
        • (4)小規模企業共済等掛金控除
      • 4.『住宅借入金等特別控除申告書』
        • (1)住宅借入金等特別控除(税額控除)
  • 〔3〕年末調整の核心 ― 税額の計算
  • Ⅲ.年末調整の仕上げ ― 源泉徴収票
    • 1.源泉徴収票・給与支払報告書の作成
    • 2.源泉徴収票・給与支払報告書の提出
    • ★本セミナーは2日間通しで1コースのセミナーですが、「給与計算編」または「年末調整編」いずれか1日間のみの選択受講も承ります。
    • ・1日間のみ選択受講の場合の参加費:ゴールド会員28,080円 シルバー会員30,240円 左記会員以外34,560円
      (選択受講につきましては、1社複数名申込時の割引適用はいたしかねます。)

実数計算があります。電卓を必ずお持ち下さい。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20181106

開催月で探す

キーワードで探す

女性のためのMBAスタイルマネジメント講座
来るべき新時代『AI』関連セミナー はこちら
海外子会社管理セミナー
2018年度版みずほセミナー年間ガイドはこちら
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ