ページの先頭です

絶対使える表現が盛りだくさん!半日で集中マスター

「英文ビジネスE-mail」攻略講座(Live配信2/10)

基礎知識を押さえて、すぐに使える効果的な書き方のコツとケース別メール作成術を身につけます

セミナーNo.21-10206

webセミナー ウェブセミナー オンライン

正しく印象よく、さらには時間をかけずに書きたい英文Eメール。本セミナーでは、まずは一般的な英文Eメールのルールや基礎知識を押さえた上で、実際に英文メールが書けるように、演習を交えて講義をすすめます。ビジネスシーンでそのまま使えるフレーズ満載で、明日からすぐに実務に活かせるようご指導いたします。新たに英語を使う部署に異動された方、ビジネス英語はこれからという方、一通りの文法は分かるけれどネイティブ特有の表現には自信がないという方、印象がグンと良くなる表現や効果的な言い回しをマスターし、現在のスキルに磨きをかけましょう!

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
みずほWebセミナーの視聴環境について
お申し込みの流れ
対象 英語でビジネスメールを書く必要があるすべてのビジネスパーソン(英語力・業種・職種を問いません)
申込期間

配信日時
【開催日時】2022年2月10日(木)13:00~17:00
【申込期間】2021年11月16日(火)~2022年2月1日(火)
【受講料入金期限】2022年2月3日(木)
【キャンセル期限】2022年2月3日(木)17:00まで
※ご入金・キャンセルにつきましては下記「本セミナーのご受講について」をご覧ください。
受講料
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
25,300円 27,500円 30,800円
 うち消費税(10%) 2,300円 2,500円 2,800円
★テキスト代を含みます。
★お取消やご参加の流れ等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

大島 さくら子氏

株式会社 オフィス・ビー・アイ代表取締役
英語講師/通訳、語学ライター
大島 さくら子 氏

略歴
慶應義塾大学(法学部・政治学専攻)卒、Temple University Japan(教養学部・アジア学専攻)卒、学習院女子短期大学卒。Oxford大学留学(1993-1994)。㈱サンリオ人事部勤務を経て、現在は、英検1級、TOEIC®990点満点の英語力を活かし、大手商社、銀行、メーカー等、数多くの企業・団体で英語講師を務める。実習を中心とした、受講者目線のわかりやすい講義には定評がある。

主著
【書籍】「ビジネス英語のプロが教える!会話がはずむスマートフレーズ&トピック」「的確に伝わる英文Eメール例文集」(以上、ベレ出版)、「会社でよく使う順 電話のひと言英会話」(中経出版)、「日本人に共通するビジネス英語のミス」(ジャパン・タイムズ)、「ビジネス英語4週間集中プログラム」(ダイヤモンド社)、「会社でよく使う ミーティングのひと言英語フレーズ」(KADOKAWA)など。
【雑誌等寄稿】「効率よく成果を手にする自己学習と英語学校」(『AERA』 2017,3/6号)、「英語のプロが検証 グーグル翻訳は仕事で使える?」(『週刊東洋経済』 2017,1/14号)、「『ウォールストリートジャーナル』で学ぶ有名企業CEOの表現力」(『週刊エコノミスト』 2014,4/22号)、「WSJで強化するボキャブラリー・パワー」連載(『Wall Street Journal 日本版』 ― 2014,1~2017,11)ほか多数。

講義内容

■□■ 本セミナーのご受講について □■□■□■□■□■□■□■

本セミナーはWeb会議ツール「Zoom」を使用します。
予めZoomの接続テストにて支障なく接続いただけるかをご確認の上、お申し込みください。
Zoomの接続テストはこちら(Zoomの接続テストサイトにつながります)
https://zoom.us/test

本セミナーでは、Zoomの最新アプリケーションをインストールいただいた上でのご受講を推奨しております。(ブラウザでのご受講も可能です。)

お申込みの流れや、推奨視聴環境はこちらをご確認ください。
https://www.mizuhosemi.com/guide_online_live/index.html

※受講時には端末カメラあるいはウェブカメラをONにしてご受講ください。
※本セミナーではグループワークがあります。
※録音・録画はご遠慮ください。

●申込期限:2022年2月1日(火)
●受講料入金期限:2022年2月3日(木)
●キャンセル期限:2022年2月3日(木)17:00まで

キャンセルの場合は、セミナー事務局(mizuhoseminar@mizuho-ir.co.jp)へ電子メール、もしくはHP「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください(お電話でのキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください)。
なお【キャンセル期限以降のお客さま都合によるキャンセルは、ご入金の如何を問わず不可】とさせていただきますのでご了承ください。

    • ※上記入金期限までにご入金を確認できなかった方は、恐れ入りますが自動的にお申込みがキャンセルとなります。期限までのご入金をお願い申し上げます。
    • ※上記入金期限までにご入金を確認できた方に、ZoomのミーティングIDや当日の講義資料等に関するご案内をお送りいたします(セミナー開催2営業日前)。
    • ※ZoomミーティングID等の送付のため、お申込みの際は【受講者ご本人のメールアドレス】を必ずご登録ください。
    • ※受講者ご本人以外の方の視聴はお断りしております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<講義内容>

    • ★英語に自信のない方、ビジネス英語の学習はこれから、という方も、講師ができる限り1人1人フォローしながら講義を進めますので、安心してご参加ください。
    • ★講義の進行上、一部内容を変更する可能性がございます。どうかご了承ください。

【基礎編】英文ビジネスEメールの基本知識をマスターする
  • 1.これだけは知っておきたい!Eメールのマナーとエチケット
    • (1)ネチケットの3つのポイント
    • (2)返信は迅速に・即答は求めない
    • (3)パーソナライズするコツ
  • 2.件名~本文~署名まで!一連の流れとポイントを押さえよう
    • (1)「件名」のつけ方の基本
      • ①よく使う「件名」とは
      • ②必ず開けてもらえる「件名」作成のコツ
    • (2)よく使う「敬辞表現」
    • (3)「本文」の書き方の基本
      • ①よく使う「本文の書き出し」とは
      • ②よく使う「箇条書き」の書き出し
      • ③よく使う「結びの文章」とは
      • ④ケース別「結辞表現」 ― フォーマルな表現からカジュアルな表現まで
    • (4)意外と知らない署名欄の書き方
  • 3.ビジネスでよく使われるEメール略語とは

【実践編】さらに磨きを!的確に伝わる書き方とビジネスシーン別メール作成術
  • 1.的確に伝わる英文ビジネスEメール
    • (1)押さえておくべき6つのポイント
    • (2)英文Eメールの全体構成
    • (3)効果的なEメールの書き方とコツ
      • ①メールの目的をはっきりさせる
      • ②結論を先に持ってくる
      • ③文章はビジネスライクに
  • 2.ケース別英文メール作成術
    • (1)依頼のメール
    • (2)通知のメール
    • (3)請求・問い合わせのメール
    • (4)確認のメール
    • (5)報告のメール

課題演習の補助として、英語の辞書(電子辞書可)をご用意ください。 スマートフォン等で英語辞書サイトをご覧いただいても構いません。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。
※最少催行人員に達しない場合や諸般の事情により、開催を中止させていただく場合がございます。

みずほWebセミナーの視聴環境について

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20220201

みずほセミナー年間ガイド

2021年度PDF

メルマガ配信を希望する

新型コロナウイルス感染防止策について

Mizuho Membership One(MMOne)

企業内研修

通信教育講座

フッターの先頭です
ページの先頭へ